練馬 池袋 新宿 不妊治療 子宝相談 ほほえみ鍼灸院

不妊症

体外受精と治療法

体外受精を望まれる方は多いですが、体外受精の成功率は日本産婦人科学会の調べでは30代前半では20%前後、30代後半では15%前後、40歳では10%以下、43歳で2.3%と発表されています。つまり体外受精で妊娠できる方は30代前半で5人に1人、30代後半で6~7人に1人、40歳では10人に1人と言うことになります。

なぜこのように低い成功率なのか

受精卵を子宮に戻すのに、なぜそんなに妊娠率が低いのでしょうか?
それは体外受精に進まれる方はもともと妊娠しにくい体質で、でそのような方の卵子は質が良くないからです。
質のよくない卵子の状態で体外受精に進まれるため、このように低い妊娠率となってしまいます。

鍼灸治療で体の状態を整えることで高まる成功率

ほほえみ鍼灸院で鍼、温灸治療で体を整えて体外受精に進まれた方はこの妊娠率の3~4倍の成功率に高まっています。
もちろん自分に合うクリニック選びも大切になります。
これまでたくさんの患者様からお聞きした情報や鍼灸師の視点から、成功率の高いクリニックも紹介させていただいています。

ほほえみ鍼灸院の温灸治療は、もともと難病の方々をたくさん治療してきました。 温灸治療で熱を入れ血流をよくし体をあたためることで、さまざまな難病の方々の細胞を元気にし活性化して治癒に導いてきました。 一般的に卵子の質はは変えられないと言われますが、鍼灸治療により卵子が活性化され元気にすることは可能です。 また、同時に子宮の血行も良くなるため子宮内膜が厚くなることで、着床率も上がっています。

高い費用を無駄にし、肉体的・精神的に負担をかける前に、鍼・温灸治療で身体を整えてもらいたいと思っています。
何回も体外受精を繰り返している方は、体の状態を整えず回数を重ねるだけでは卵巣が弱ってますます妊娠しづらくなってしまいます。
1度、体と卵巣を休めて体の状態を整える事で妊娠に繋がると思います。