練馬 池袋 新宿 不妊治療 子宝相談 ほほえみ鍼灸院

不妊治療鍼灸について

多くの不妊の原因である 「循環障害」を温灸療法で治療します

体の状態を整え妊娠力を高めていきます

不妊治療体外受精をしてもうまくいかなかった方にお伝えしたいことがあります。
それは、体を整える事が先決である、ということです。
「不妊症」は循環障害のために内臓、子宮、卵巣、精巣などが正常に機能できず、子宮内膜症、月経異常、排卵障害、また機能性不妊、冷えなどが起こり、妊娠しにくい体となっているために起こっていると考えられます。
鍼灸治療は、根本から体の調子を改善するものです。
その効用は、自然妊娠やこれから不妊治療に進まれる方の妊娠率を格段に高めます
お母さんが妊娠しにくい体のまま不妊治療を続けても、赤ちゃんができないまま刻一刻と大切な時間が過ぎていくばかりです。

ほほえみ鍼灸院の不妊鍼灸治療

鍼灸治療を初めて受けられる方、また今までにどこかの鍼灸院で鍼灸治療をされている方もあると思います。「鍼は痛くないか?」「お灸は後が残らないか?」「鍼灸治療は本当に効果があるの?」など色々な質問もあると思います。
鍼灸院はたくさんありますが鍼灸と言っても色々な治療方法があります。
鍼灸院によって治療の仕方は違います。

ほほえみ鍼灸院の治療は不妊症の方に多くみられる、冷えによる血行の悪さ、そのために子宮、卵巣がうまく働いていないなどに最も有効である全身の血液の流れを良くする
温灸を中心に鍼と指圧も取り入れたとても丁寧な治療方法です。鍼はほとんど痛くなく、温灸の後も残りません。
東洋医学では、気、血、水を整えて行きます。全身の細胞、卵巣、子宮などの臓器はすべて血液からの栄養と酸素により働いています。この栄養は細胞のまわりの水(組織液)をとおして流れて行きます、この水、血の停滞が冷えによる浮腫みです。この流れを良くし全身の停滞を流していく事で卵巣、子宮などの臓器は本来の働きを取り戻し、薬を使わずに元気に正常に働いてくれます。

卵巣が元気になり質の良い卵子が育ち、ホルモンも正常に分泌されることにより、規則正しい排卵、生理が起こり体温が上がり、高温期も安定するようになっていきます。この事により妊娠しやすい体に変わっていきます。


鍼灸不妊治療はこのような症状を改善し、妊娠力を高めます

ほほえみ鍼灸院の治療方針

体を根本から治していきます

対症療法ではなく、全身の不調を根本より治療します。
悪くなった血行をよくすることで、全身しっかり栄養が行き渡り、 健康で妊娠しやすい体づくりを行ないます。

リラックスした状態で治療を行ないます

治療着の上から温熱をあてていく治療です。
鍼も使い捨ての細いものを使用します。
熱いのや痛いのを我慢するような治療ではなく、リラックスして治療を受けていただけます。

完全個室のプライベート空間での施術

お話内容が他の人に聞かれたりせず、ゆったりとした気持ちで治療をうけていただくことができます。またお子様連れの治療にも対応します。

ご自宅でも治療効果を継続できるような方法をご提案します

食事の仕方や体を冷やさない方法など、鍼灸治療で良くなった体の状態を日常生活のなかでも維持し、妊娠しやすい体になるよう様々な形でご提案・サポートをさせていただきます。

しあわせな妊活をサポートします

誰にも相談できない悩み、夫婦間での意見の違い、赤ちゃんになかなか恵まれないことのストレス、鍼灸治療に対しての質問、不妊治療以外の色々な不安悩みなどに対しても専門のスタッフによるカウンセリング、心のケアもしっかりさせていただいています。

治療の流れと施術料金について

治療の流れ

治療に入る前に、必ず入念なカウンセリングを行なわせていただいております。
子宝に関すること以外でも、体調で気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

持ち物

治療の際に着用するTシャツをお持ちください。

施術料金
  • 初診料----無料
  • 不妊鍼灸治療-----7,500円

不妊治療 鍼灸 ほほえみ鍼灸院スタッフ紹介

不妊治療 鍼灸師 院長

院長 長谷部 義文

鍼師/灸師/あんまマッサージ指圧師/ヒーリング

徳島県で25年にわたり治療院を開業し、さまざまな症状の方の治療をさせてもらいました。その中で生理のまったくない方や不妊症の方も多くこられてこの温灸治療が不妊症の方にたいへん有効だということを確信しました。
「もっと多くの方の力になりたい」と思い2013年に東京ヘ治療院を移転することとなりました。
子宝に恵まれないご夫婦にとって病院・治療院を選ぶ事は大切で重要なことになると思います。貴重な時間を大切にして無事願いが成就できるように協力させていただきたいと思っています。

不妊治療 鍼灸師 スタッフ カウンセラー

スタッフ 長谷部 三鶴

メンタル心理カウンセラー/ヒーリング

20代の時に1人目の子どもを産んだ後、膠原病・腎不全と病気が重なり、寝たきりの状態になりました。医者からは「子供も小さいのだからまずは生きることを考えましょう」といわれ、2人目はあきらめるようにすすめららました。
副腎皮質ホルモンの治療を病院で受けたのですが、良くなるどころかどんどん体が弱って行くのがわかりました。
そんな時に「鍼灸治療をうけてみたら」と言ってくださる人がいたので、藁にもすがる思いで受けてみたら体の痛み、熱もとれ元気を取り戻し、2人目の子供を授かったのです。
あきらめないで温灸治療と鍼をためしてみてください。

不妊治療 鍼灸師 スタッフ

スタッフ古財 ゆみ

鍼師/灸師/メンタル心理カウンセラー

不妊治療に専念する期間を決めて、どこに費用を注ぎ込むか見極めることが大切です。
そのために今の心身の状態を把握し、何が必要かを知ることが第一歩です。
子供を授かるのは、確実に出来ることではありませんが、体質を改善すれば一回の確率をあげられます。
鍼灸治療を続けることは、本来の体の機能を戻し、妊娠しやすい体づくりの他、免疫力高い健康体という財産を残せます。妊娠中や産後の基礎体力がつきます。
少しでも早く皆様の幸せに貢献出来るよう、気持ちに寄り添った治療を心掛けて参ります。