練馬 池袋 新宿 不妊治療 子宝相談 ほほえみ鍼灸院

不妊症

不妊症と治療法について

赤ちゃんを望んで性生活を行えば1年以内に80%、2年以内に90%の方が妊娠すると言われています。
排卵日に合わせてタイミングを取っているのに1年以上まして2年以上妊娠していない方は女性か男性または両方ともに何らかの妊娠しにくい原因がある可能性が高いと思われます。
女性は卵管が閉塞していないか、男性も精子の状態などを検査する必要もあります。

妊娠を望んで鍼灸治療を受けに来られる方に多い症状

  • 下半身が冷える、体温が低い
  • 夜になると足がむくんでくる
  • 高温期が低く安定していない
  • 基礎体温がガタガタで2層になっていない
  • 生理痛がひどい
  • 生理周期が長い、また短い
  • 排卵していない、生理が止まっている
  • 体外受精を何度も失敗している
  • 体外受精に進む前に体を整えたい
  • 流産を経験している

このような症状をお持ちの方が多いです。
そして、このような方には鍼灸治療はとても有効です。

西洋医学が苦手なこと

例えば、病院では排卵のない方は排卵誘発剤のような薬で排卵を起こしますが薬を止めるとまた排卵が止まってしまいます。
また薬を飲み続けることで、子宮内膜が薄くなったり、子宮頸管粘液が減ってしまい精子が子宮に入りにくくなったり、かえって妊娠しにくくなったりすることもあります。
長期にわたる薬類は卵巣を弱らせ、反対に妊娠しにくくなると思われます。
患者さんの中には、薬が合わなくて、生理が止まったり、ひどいムクミ、体重の増加が見られる方もいらっしゃいます。
ある程度の薬はしかたない場合もあるでしょうが、長期にわたる服用は考えものです。
鍼灸治療で健康な体をつくり、その土台の上に西洋医学の的確な治療をとり入れることによって体への負担が少なく、効果的な治療が可能になるのではないかと思います。

鍼灸治療で体の状態を改善し、妊娠力を高めます

鍼灸治療はツボを刺激することで血液、リンパ液、組織液、老廃物などの停滞を改善するなどして子宮、卵巣、内臓の働きを良くする事でホルモンのバランスがとれ自然な排卵が起こるように なります。
体を整える事で妊娠する力を高めていくものです。

ほほえみ鍼灸院の不妊鍼灸治療

鍼灸治療を初めて受けられる方、また今までにどこかの鍼灸院で鍼灸治療をされている方もあると思います。「鍼は痛くないか?」「お灸は後が残らないか?」「鍼灸治療は本当に効果があるの?」など色々な質問もあると思います。
鍼灸院はたくさんありますが鍼灸と言っても色々な治療方法があります。
鍼灸院によって治療の仕方は違います。

ほほえみ鍼灸院の治療は不妊症の方に多くみられる、冷えによる血行の悪さ、そのために子宮、卵巣がうまく働いていないなどに最も有効である全身の血液の流れを良くする
温灸を中心に鍼と指圧も取り入れたとても丁寧な治療方法です。
多くの鍼灸院は50~60分の治療時間ですが、約90分の時間をかけて全身を調整していきます。鍼はほとんど痛くなく、温灸の後も残りません。
東洋医学では、気、血、水を整えて行きます。全身の細胞、卵巣、子宮などの臓器はすべて血液からの栄養と酸素により働いています。この栄養は細胞のまわりの水(組織液)をとおして流れて行きます、この水、血の停滞が冷えによる浮腫みです。この流れを良くし全身の停滞を流していく事で卵巣、子宮などの臓器は本来の働きを取り戻し、薬を使わずに元気に正常に働いてくれます。

卵巣が元気になり質の良い卵子が育ち、ホルモンも正常に分泌されることにより、規則正しい排卵、生理が起こり体温が上がり、高温期も安定するようになっていきます。この事により妊娠しやすい体に変わっていきます。

採卵技術や移植技術など進歩した西洋医学のいいところと、からだ全体の状態を診て整える鍼灸治療のいいところを取り入れて、赤ちゃんを迎える準備を進めることで、子宝を望むご夫婦にとって良い結果となっていただけたらと、いつも切に願っています。


不妊治療 鍼灸 こちらもあわせてご覧ください

不妊治療 実績 症例紹介