メニエール病の鍼灸治療

メニエール病は、まずはじめに「めまい」「耳鳴り」「聞こえずらさ」「耳の閉塞感」といった症状があらわれます。
1度の発作が30分から数時間に及ぶこともあります。
この発作を繰り返すようになると、吐き気嘔吐を伴います。

病院では抗めまい薬や、吐き気を抑える薬物治療が施されるようですが、それでも効果が出ず、日常生活ができなくなった方が現代社会では多くいます。

そうやって無理を続けることで、そのうち動きがとれなくなり、入院をして安静にしてからだを休めるのですが、それだけでは完全に治すことはできません。
仕事をセーブするのはいいことですが、それだけでは治らないくらい体が悪くなり、メニエール病で長い間お困りの方がたくさんいました。

私たちはそういった重度のメニエール病の患者さんを多く治してきました。
メニエール病は、私たちが行っている鍼灸治療で治すことができます。

首にはリンパ自律神経が通っています。
ストレスや寝不足が続くと、頭に行く血液の循環が悪くなり、めまいや耳鳴りなどの症状が出てきます。

メニエール病の方には首の筋のどこかにグミのような異常な筋肉のこぶができいて、それによって血流が悪くなり、めまいや吐き気といった体の不調となって表れています。

私たちの治療の特徴のひとつは、30年の臨床経験によって育まれた技術で体の不調の原因となっている箇所きちんと見つけ出すこと。

メニエール病で来られた患者さんは、特に首を中心に丁寧に触診をし、悪い部分を見つけ、その悪い部分の血行を良くするために施術を行っていきます。
まず、を打ってパルスで電流を流すことで、手技では触れることができない筋肉のコリや痛みを改善していきます。
パルスを使っても残る筋肉の張りや痛みは温灸を施して血流を良くし、最後に指圧をして全身の筋肉の緊張をほぐしていきます。

ほほえみ鍼灸院の温灸治療は治療着の上から全身にくまなく熱を入れ、血流をよくしていきます。服の上から治療するので、痕が残ったり火傷をしたりする心配はありません。
同じような症状であったとしても、それぞれの患者さんによって、必要なパルスの時間や部位は、そして温灸治療や指圧の時間や異なります。
もちろん、鍼が苦手という方には、温灸と指圧治療のみの施術もさせていただいています。
体の弱い方などは、鍼や温灸を少なめにして、体の変化を見ながら調整をしていきます。

体の不調の原因となっている筋肉や筋の血流の滞りを丹念に調べながら治療を施すため、1回の治療に少し時間がかかりますが、1回目の治療から体の変化を実感していただけると思います。

めまいや耳鳴りでお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

ほほえみ鍼灸院
温灸治療で体質を根本改善します。
https://hohoemi-moxa.com/
03-6318-5648

〒176-0002
東京都練馬区桜台4-18-2
練馬駅から徒歩4分[→詳しくは]