33歳の患者様が体外受精で妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている33歳の患者様が体外授精で妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は、独身の時から体調不良でほほえみ鍼灸院に時々通ってくださっていました。
それによって体調は回復して元気に過ごされていましたが、
その後ご結婚され、「不妊治療」として通うことになりました。
不妊治療の場合、体づくりが大切なので、
これまでの一般治療の時とは違い、週1回の通院が必要です。
お仕事が忙しい方ですが、10日に1回のペースで通ってきてくれました。

不妊治療として改めてお話を伺うと、ホルモンバランスが乱れていることがわかりました。
高温期に体温が上がらず、生理周期も長く、排卵もよく飛んでいました。

原因としては、冷えが強いことがわかり、骨盤周りの血流を良くする治療をするとともに、日常生活でも、下半身を冷やさないよう温活を徹底するようお伝えしました。

けれども、
ご実家に帰省された際に冷えて不正出血や排卵が来なかったり、
お風呂あがりに冷たい飲み物を飲んで冷やしていたり、
汗っかきで汗冷えをよく起こしていたり、
まだまだ冷え予防が浅かったので、温活を徹底するようお伝えしました。

お仕事ができる方によくあるのが、業務のように妊活に取り組めば妊娠するという方程式を思いこんでいることです。
こつこつ体づくりに時間をかけることに手ごたえがなく、焦る心が勝ってすぐに成果を求め、体づくりが追い付いていないのに先を急ぐというケースがよくあります。

この方の場合も、冷えがまだあり、体づくりが追い付いていませんでしたが、現状を知りたいということで採卵にすすまれました。
1回目は空砲と未成熟卵
2回目は卵子が大きすぎて使えず
3回目は新鮮胚移植まで進めたが着床に至らず
という結果で、「卵子の質」まで変わっていない現状がよく分かりました。

そこで、いまいちど、下半身を冷やさないよう温活の徹底をお伝えしました。
お仕事で転勤があり鍼灸院に通うことが難しくなってしまい、その後の経過も分からないまま心配しておりましたが、先日、お手紙が届きました。

「体外受精となりましたが、元気な子供を授かり出産することが出来ました。
体づくりの大切さを教えていただき、通えなくなった後も冷えない体づくりを心がけており、生活の一部にできたと思います。
根気強く教えて下さりありがとうございました。
体づくりの他にもたくさんのことを教えていただき感謝の気持ちでいっぱいです」

時間が経ってもこのようにお手紙をくださったこと、思い出してくれたこと、ありがとうございます。
そして温活を継続してくれていたことが妊娠に繋がったと確信しております。
本当に良かったです。おめでとうざいます!

先日も別の方で「通えなくなった後も温活を続けていたので、無事授かることが出来ました」との嬉しいお電話をいただきました。

冷えが一番妊娠を遠ざけるということは、確実にあります。
頭で判断したり、思いこみで服装を決めず、自分の手で肌温度を確認したり、気温や気候や環境に合わせて下半身を冷やさず重ね履きして、上半身で体温調整する服装の工夫を心がけると妊娠が近づいてきます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

生理が止まっていた36歳の二人目不妊の方が自然妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている36歳の患者様が二人目のお子さんを自然妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は一人目のお子さんの時も鍼灸治療をしてから妊娠されました。
私たちのところに来られた時はお母さんが癌で入院しており、
そのことによるストレスで生理が止まった状態でした。
病院で注射やクロミッドを飲んでいたけれども妊娠には至らなかったため、
ほほえみ鍼灸院に鍼灸治療にお越しになられました。

お母さんの病気のこともあってストレスもある上に、仕事も忙しく、
多能胞であったり、体温も低体温で基礎体温のグラフもきんちんと二層に分かれていませんでした。
けれども、しっかりと1週間に1度通って治療を行うことで、自然に妊娠されました。

二人目は授乳をやめてから3ヵ月経ってからお越しになられました。
今回は仕事が忙しく、食bでのストレスがあって排卵がない状態で、生理も止まっていました。

仕事を変えることでストレスを解消し、二人目を授かるためまた1週間に1度まじめに治療に来てくださいました。
そのうちに生理が始まり、おりものも分かるようになりました。
足湯や半身浴、タンパク質多めの食事もとってしっかり妊娠に向かって歩んでいきました。

二人目の妊娠は1回目より時間はかかりましたが、自然に妊娠されました。

ストレスで生理が止まってしまうことはよくあるので、できることならばストレスを軽減する努力も必要です。

この方のように仕事を変えるのもいいですし、自然の中に入ることもストレス解消になります。
またダイエットも生理が止まってしまう原因となります。
ダイエットするならお子さんが授かってからにしましょうね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

二人目不妊だった30歳の方が自然妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている30歳の患者様が二人目のお子さんを自然妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は一人目のお子さんを出産し、二人目を希望されていました。
お子さんが1歳になってから断乳し、1ヵ月後に生理が始まり、病院に行ってフェマーラを飲んでタイミングをとっていましたが妊娠しなかったため、ほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療にお越しになられました。

問診させていただくと、
月経周期が30日~40日とバラバラで、出産後も生理痛がありました。
睡眠する時間が12時~7時とのことでしたので、それよりも1時間早めに寝るようにしてもらいました。
卵子を育てるホルモンは10時くらいから多く分泌されるので、早めに寝ることで良い卵子を体の中で育てることが出来るのです。

まだ若いのに経血の量が減ってきているようでした。
高温期も低めで長く続かないようでした。

体を診てみると冷え、肩こりがありました。
血行が悪く、三陰交が固くなって腰にも痛もありました。
鍼、パルス、温灸治療をしてから、指圧をし、体全体の体温を上げていきました。

8回目の治療の後自然妊娠されました。

生理痛があるということは、子宮が冷えていることです。
子宮が冷えていると妊娠しづらくなります。
鍼灸治療や温灸治療で体を温めましょうね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

結婚5年目の36歳の方が体外受精で妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている36歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は鍼灸治療をする前は、とある大学病院に通っていて、クロミッドを5〜6回使っていました。
子宮卵管造影検査は問題なく、ご主人の精子検査も問題ありませんでした。
これから体外受精をしたいということで、ほほえみ鍼灸院に来られました。

月経周期も25日と短く、高温期が短く生理痛もありました。
また手足の冷えがひどく、肩こり、腰痛もありました。
大学病院の不妊治療では薬をたて続けに使っていましたので、しばらくは鍼灸治療をして、しっかり体つくりをしていきました。

仕事場も寒いので足湯をしていただきました。
また食生活や睡眠時間など、生活習慣も見直していただきました。
タンパク質多めの食事を摂るよう心がけ、以前は午前1時半に就寝していたそうですが、12時前には就寝するようにしました。
そして、仙骨にカイロ、下腹にもカイロを貼り、体も徹底的にあたためていただきました。

そうして体が整ったところで低刺激の病院で採卵し、妊娠しました。
7週目心拍確認できたとご報告をいただき、嬉しく思っています。

ほほえみ鍼灸院では、現在多くの患者様が妊娠されています。
治療期間は6ヶ月から長い方で2年という方もいらっしゃいますが、
長い期間掛かった方は初めに病院で強い刺激の薬を使ったため卵巣が弱り、受精卵ができなかったのです。
でもそうした方も、時間をかけて体を整えていくことで、妊娠されています。

継続して来ていただくことで、確実に体は妊娠しやすい体へと変わっていきます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

赤ちゃんを望んで7年目の38歳の方が初めての分割胚移植で妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている38歳の患者様が分割胚移植で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は長く赤ちゃんを望んでいたけれども、なかなか子宝に恵まれず、
友人の紹介でほほえみ鍼灸院を知って連絡をくださいました。
その当時なかなか予約が取れない頃でしたので、何回もお電話いただき治療にお越しくださいました。

土日も仕事がある、忙しい仕事をされていました。
体は全体的にむくみがあり、特にお腹と足のむくみがひどく、月経周期が34日~35日と長めでした。
高温期も短く、冷えや肩こりもあり、また結婚されてから眼底出血したこともあるということでした。

鍼灸治療をはじめてから尿の回数が増え、生理痛も軽くなり、背中が温かくなったと言われました。
月経周期も30日から32日と正常になり、高温期もきれいに上がり続くようになりました。
ご自分でも足湯や体を温めることに一生懸命努力もされていました。

体調も良くなり、タイミングをとってもらいましたが妊娠には至らなかったので、低刺激の病院で体外受精をお勧めしました。
病院に行くと風疹の抗体がなかったので注射をし、その後クロミッドのみの採卵をし、初めて凍結胚移植をしたところ陽性が出ました。

HCGが49と低かったのですが、6週で胎嚢が確認されその後心拍確認できました。

時間はかかりましたが
「まさかこんな日が来るとは」と言って感激されていたのが印象的でした。
本当に良かったです。

妊娠を継続することを優先できるよう、仕事についても検討されておられるようです。

きちんと鍼灸治療に通っていただいたのことが良い結果につながって、うれしく思います。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

不妊期間7年の34歳の患者様が妊娠されました

baby

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている34歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は高温期がなくルトラールを1年飲んでいました。
体温が高くて36.1℃で、低温期は35℃台しかなく生理日数もバラバラで、冷え、肩こり、生理前症候群もあり、生理前7日間はイライラしていたと言っていました。

運動といえば2週間1度ジムに通うくらいで、立ち仕事をされていたので腰痛もありました。
また子宮内にポリープがあり手術もされました。

しばらくタイミングをとっていたけれども、ご夫婦ともお忙しいのでなかなかタイミング取れていないようでした。

鍼灸治療を続けることでも、生理も決まった日数できて生理前症候群もなくなり、体温も37,0℃近くまで上がるようにと、体の状態もよくなってきました。
低刺激の体外受精専門の病院に病院に行かれ、1度目で妊娠され心拍確認されたとのご報告をいただきました。
本当によかったです。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

二人目不妊の36歳の方が自然妊娠しました

baby
今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている36歳の患者様が自然妊娠しました。
おめでとうございます!

この方は二人目のお子様がなかなか授からず、ほほえみ鍼灸院に治療にお越しになりました。
以前2周期目で1度妊娠されたことがありましたが、残念なことに流産してしまいました。
3周期おいてタイミングをとっていましたが、しばらく妊娠には至りませんでした。

また30歳の時には、卵巣嚢腫や子宮筋腫もあり、低温期と高温期の差があまりなかったそうです。
FSHも11.6で少し高めでした。

上にお子さんがいるので、毎週は鍼灸治療に来ることが難しかったので、1ヶ月に2回ほど通われていました。
卵子の質が妊娠を継続させますので、本当は最低でも1週間に1度は通って頂きたいのですが、お子さんが熱を出したりして、なかなか通うのが難しい状態でしたが根気強く通ってくださいました。
ですので、時間はかかりましたが、無事妊娠されました。

おめでとうございました。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

36歳の患者様が体外受精で妊娠されました

baby

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られていた36歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます!

治療前のこの方の体温が、低温期で35.7℃、高温期で36.4℃でした。
タイミングを取ながら、人工授精もやっていましたが、なかなか良い結果が出なかったのでお越しになられました。

鍼灸治療5回目くらいには、低温期が36.2℃まで上がり、高温期も10日以上続くようになりました。
お腹も硬かったので、お腹のマッサージも温灸の数も多めにして対応しました。

人工授精を何度かされて、その後体外受精に移行しました。
1度めはクロミッドのみの採卵で、1個卵子が採ることができ胚盤胞にして凍結し、時間をおいてから移植しました。
移植後からお腹の違和感に、襲われ陽性は出たものの流産してしました。

しばらく時間を置き鍼灸治療でしっかり体を整え、今度は採卵の方法を変えて6個胚盤胞で凍結し、1個ずつ戻し2個目で陽性が出て、心拍確認でき現在は11週目となりました。

時間はかかりましたが、無事妊娠し、つわりはありますがお腹の中で元気に赤ちゃんが育っています。
本当におめでとうございます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

31歳の二人目不妊の方が妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に不妊治療に来られていた31歳の患者様が二人目のお子様を体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます!

この方は20代の時から体外受精をされていました。
生理がダラダラと10日続いたり、内膜症があったり、卵管が両方詰まっていたので早めに体外受精をすることになったとのことでした。

当医院に来られて体を診させていただくと、ひどい冷えと肩こりもありました。
時々不正出血があり、高温期も7日くらいしか続かず、生理前には偏頭痛が続き、薬が離せないようでした。

内膜症はこちらに来る前に、手術をして治療されていました。
けれども移植するためにも子宮内膜が厚くならないので、しばらく治療に通ってもらい安定した時点で移植をし、ひとりめのお子さんが授かりました。

ふたり目のお子さんは、前に凍結した卵子を戻す前に温灸治療をして血行を良くすることで良い結果が頂けました。

‘鍼灸で体を整える’とは、体温が2層に分かれ高温期が12日〜14日くらい続くことです。
低温期が36,0を切ったり、高温期が短かったりするとたとえ体外受精でも難しいので、まずは体を整えることから初めてくださいね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

34歳6年不妊、高刺激で4回採卵、ひどい冷えの方が妊娠

baby

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に不妊治療に来られている34歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます!

この患者様は1年かけて当医院に通ってくださいました。
最初に強刺激で4回採卵してふりかけで体外受精をしましたがうまくいかず、
その後顕微授精をして5回胚移植をしましたが、うまくいきませんでした。

はじめに体を診せていただくとお腹が固く、チョコレート脳腫、内膜症、骨盤の歪み、血行の悪さがありました。
また冷え、肩こり、腰痛もあり、生理1週間前からイライラしたり、吐き気、腰回りのだるさ、毎日に充実感がないとも言われていました。

この記事はカルテを見ながら書いていますが、とにかく高温期が続かないとか、いつも眠たいとか、だるさがあると書いてあります。
彼女はいつも疲れやすく、疲れがとれにくく、排卵もいつくるかわからない状態でした。

そのような体の状態を根本から治療するために1週間に1度90分の治療と、ご自身でも食事に気をつけて、体を冷やさないような服装にするなど、徹底的に生活習慣を変えていただきました。
どうやら子どもの頃から体を冷やす習慣があったので、理解してもらうのに少し時間がかかりました。
でも、いくら治療をしても体を冷やすような格好をして暮らしていたら意味がないので、何度も何度も話をし、理解していただき実行していただくことで、治療が進みました。

最初に高刺激の病院に通ったことで卵巣も疲れていました。
元々病気ではないものの虚弱な体だったので体を健康にすることと、心のケアーも同時に行っていきました。

そして1年後、時間はかかりましたが「無事陽性が出た」と連絡頂きました。
いつもなら心拍確認を聞いてから当医院の症例としてご紹介させていただくのですが、この方は長期にわたり私たちを信じて1年かけてきてくださった方なので、現在不妊治療がうまくいかず辛い想いをされている方にも知っていただきたくて。
そして、なによりも彼女に陽性反応が出たことがうれしくて、ご紹介させていただきました。

本当に心からおめでとうございます!
何度も書いていますが高刺激の体外受精を何回もされている方は、急がないで卵巣を休ませることで、妊娠の可能性が高まります。

治療は受けづらい遠方の方でも、お話はさせて頂きますのでお電話ください。
きっと何かのお役に立てると思います。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ