33歳の患者様が体外受精で妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている33歳の患者様が体外授精で妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は、独身の時から体調不良でほほえみ鍼灸院に時々通ってくださっていました。
それによって体調は回復して元気に過ごされていましたが、
その後ご結婚され、「不妊治療」として通うことになりました。
不妊治療の場合、体づくりが大切なので、
これまでの一般治療の時とは違い、週1回の通院が必要です。
お仕事が忙しい方ですが、10日に1回のペースで通ってきてくれました。

不妊治療として改めてお話を伺うと、ホルモンバランスが乱れていることがわかりました。
高温期に体温が上がらず、生理周期も長く、排卵もよく飛んでいました。

原因としては、冷えが強いことがわかり、骨盤周りの血流を良くする治療をするとともに、日常生活でも、下半身を冷やさないよう温活を徹底するようお伝えしました。

けれども、
ご実家に帰省された際に冷えて不正出血や排卵が来なかったり、
お風呂あがりに冷たい飲み物を飲んで冷やしていたり、
汗っかきで汗冷えをよく起こしていたり、
まだまだ冷え予防が浅かったので、温活を徹底するようお伝えしました。

お仕事ができる方によくあるのが、業務のように妊活に取り組めば妊娠するという方程式を思いこんでいることです。
こつこつ体づくりに時間をかけることに手ごたえがなく、焦る心が勝ってすぐに成果を求め、体づくりが追い付いていないのに先を急ぐというケースがよくあります。

この方の場合も、冷えがまだあり、体づくりが追い付いていませんでしたが、現状を知りたいということで採卵にすすまれました。
1回目は空砲と未成熟卵
2回目は卵子が大きすぎて使えず
3回目は新鮮胚移植まで進めたが着床に至らず
という結果で、「卵子の質」まで変わっていない現状がよく分かりました。

そこで、いまいちど、下半身を冷やさないよう温活の徹底をお伝えしました。
お仕事で転勤があり鍼灸院に通うことが難しくなってしまい、その後の経過も分からないまま心配しておりましたが、先日、お手紙が届きました。

「体外受精となりましたが、元気な子供を授かり出産することが出来ました。
体づくりの大切さを教えていただき、通えなくなった後も冷えない体づくりを心がけており、生活の一部にできたと思います。
根気強く教えて下さりありがとうございました。
体づくりの他にもたくさんのことを教えていただき感謝の気持ちでいっぱいです」

時間が経ってもこのようにお手紙をくださったこと、思い出してくれたこと、ありがとうございます。
そして温活を継続してくれていたことが妊娠に繋がったと確信しております。
本当に良かったです。おめでとうざいます!

先日も別の方で「通えなくなった後も温活を続けていたので、無事授かることが出来ました」との嬉しいお電話をいただきました。

冷えが一番妊娠を遠ざけるということは、確実にあります。
頭で判断したり、思いこみで服装を決めず、自分の手で肌温度を確認したり、気温や気候や環境に合わせて下半身を冷やさず重ね履きして、上半身で体温調整する服装の工夫を心がけると妊娠が近づいてきます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

37歳の方が下半身の温活をしっかり続けて体外受精で妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている37歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は一人目がなかなか授からず、ほほえみ鍼灸院にお越しになられました。
お話を伺うと、背中や腰に硬直感があり、強い肩こり、PMSによる腰痛があるとおっしゃっていました。

そしてお体を診てみると鼠径部のしこりが両側にあり、下半身に冷えがあることがわかりました。
この鼠蹊部の滞りをとって、下半身の血流を促す治療を施しました。

また、毎日足湯をしていただき、デスク作業時には電気座布団を使ってもらいました。
服装も下半身の重ね着をしっかりして防寒対策をするようお伝えしました。
また、栄養面でも葉酸のみ摂っていたので、タンパク質とヘム鉄を摂るようお伝えしました。

この方は小学校の先生をされており、夏の時期はプールの授業があるとのこと。
また、学校内の冷房が強く、夏になると冬よりも来た体温が低くなり、体が冷えやすいということ。
さらに業務量も多く、忙しく、慢性的なストレスと疲労とだるさを抱えているとのこと。

このように体を冷やしてしまう環境にいらっしゃると、週1回の鍼灸治療では追い付かないので、日常生活面での温活も徹底するようお伝えしました。

そして、鍼灸治療を開始して4ヵ月ほど経過した頃、自然妊娠されました。
けれども、卵子の力およばず継続に至りませんでした。

3ヵ月ほどタイミングはお休みしてもらい、もう一度体を整えるようお伝えしました。
また自転車で通勤していることも下半身を冷やしている要因であることもわかりました。
暖パンを履いて、冷やさないようお願いしました。

プールや冷房の関係もあり春~夏の間は特に妊活が大変な時期です。
秋が来て、ご夫婦でステップアップを検討され、体外受精に進まれました。

1回目の体外受精で胚盤胞まで育ち、移植に進むことが出来、着床されました。
が、胎嚢まで確認とれたのですが、卵子の力およばず継続に至りませんでした。

連休に入ると、お体はとても良い状態になるのですが、
お仕事があると、体は凝りやすく、冷えやすい状態になります。
冷えやすく凝りやすい体であることがわかりました。

ストレスも一つの要因と考えられます。
とても優しいお人柄ゆえに、敏感で繊細で、落ち込みやすく、人と比べやすく、気持ちのアップダウンが大きいのも分かりました。
そのたびに風邪、便秘、歯ぎしり、頭痛など都度現れやすかったのを覚えています。
ストレスは体を硬直させるだけでなく、質の良い卵子を作る上での阻害要因にもなります。
妊娠を目指す方は、どうしてもリラックスや気持ちが明るい状態が重要です。

2回目の体外受精で無事妊娠され、安定期に入りました。
良かったです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

41歳の方が、1人目に続き2人目も1回で自然妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている41歳の患者様が自然妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は、1人目の不妊治療の時からほほえみ鍼灸院に通ってくださっています。
1人目を妊娠するまでちゃんと体づくりに時間をかけてくださり、出産後も体が元に戻らないよう、メンテナンスで何回か通ってくれていました。

その時に、
・断乳ができていないため、生理がまだ来ていないこと
・体重が1人目の時よりも4㎏減ってしまったままであること
・胃のもたれ・痛み、腸にガスが溜まりやすい症状が強いこと
・食事量も少ないこと
が分かったので、次のお子さんを望むのであれば、断乳を早めにして生理を早く復活させることをお伝えしました。

それから、45㎏あった体重が41㎏に減ってしまったことにより、胃腸から栄養を吸収されにくくなっていることをお伝えし、体重を少しずつ増やすことをおすすめしました。

断乳後すぐに生理は復活しましたが、タイミングの再開は体重がもう少し増えてからするようにお伝えし、プロティンを毎日摂ってもらうようお伝えしました。

体重が43㎏まで増え、1年かけて体重維持の安定と胃腸の不調の改善に取り組み、お子さんの幼稚園通いスタートとともに妊活のタイミングを再開してもらいました。

おりものと排卵検査薬で排卵時期を見極め、”4日連続4回”タイミングをとってくれました。

見事!妊娠されました!無事、心拍確認までとれました!
4日のうちのどこかでタイミングが合ったのだと思います。
やはり回数が多いことは妊娠率を上げるのですね。

この患者さんの場合は、タイミングをとった周期は少ないですが、体づくりにはしっかり1年かけています。
出産後以降も足湯や重ね着などの温活を徹底して行い、下半身を冷やさないことに気を付けてくれていたことも早い妊娠に繋がったのだと思います。

最近では2人目不妊の方も多く来られていますが、1人目の時にしっかり体づくりをしている方は2人目の妊娠が早いことが分かりました。

すべて努力は自分に返ってくるので、1人目の妊活時も焦る心に負けず、先を急がず、しっかり体づくりをすることが、後々自分に返ってくるのだと再確認しました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

排卵がなかった二人目不妊の28歳の患者様が自然妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている28歳の患者様が自然妊娠しました。
おめでとうございます。

二人目のお子さんを望んでおられるこの方は平成29年5月から30年4月まで生理が来なくなっていました。
一人目のお子さんは死産で、二人目のお子さんは4歳になっていましたが、排卵しないので妊娠出来ずにいました。
病院でクロミッドを処方してもらって7ヶ月を服用し、排卵させタイミングをとっていました。
けれども、排卵痛があって内膜も薄くなってしまい、薬を服用しても排卵しなくなったので病院に通うのをやめ、ほほえみ鍼灸院に来られました。

体を診せていただくと、汗がかきにくい循環の悪いからだで、下半身全体がひどい浮腫みがありました。
尿の回数も多く、疲れやすいく、朝から体がだるいと言っていました。

下半身には筋肉の悪いところに、ハリとパルスを施してから温灸、指圧をしてから浮腫みや痛みを取り除いていきました。
仕事で外に出ることが多かったようなので、下半身をしっかり温めてもらうよう指導しました。
また食事も気をつけていただくようお伝えしました。

鍼灸での不妊治療と生活習慣の改善で、この方は1周期で自然妊娠されました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

34歳から採卵を15回もしていた39歳の方が鍼灸治療によって妊娠

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている39歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます!

この方は34歳の頃から15回も採卵を繰り返していました。
そして3回移植をしたけれどもうまくいかず、紹介でほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療にお越しになられました。

そして新しい病院に行って体の状態を診てもらうと、卵巣嚢腫があり子宮筋腫、子宮内膜症もあることが分かりました。
この方が通っておられた以前の病院のように、子宮内膜症や子宮筋腫を見つけ出すことが出来ない病院もありますので、しっかりとした先生のいる病院にかかってください。

子宮筋腫は手術をして除き、体づくりのためにしっかり時間をいただくようお伝えしました。
鍼灸治療で体の血行の悪い部分を取り、食べ物を見直し、寝る時間も早めにして、入浴法も変えるなど生活習慣も改めていただきました。
また、体重も少し増やしてもらいました。

そして、体に負担がかからない優しい方法で採卵してくれる病院で採卵し、Aランクの受精卵が採れ、移植しました。
HCGが28,2でしたがと、5週と4日めに胎嚢も見え、HCGが3270に増え、7週2日めで心拍確認できました。

忙しいお仕事をされている方ですが、HCGが低かったため、移植後も温灸治療に通っていただきました。
また仕事の量も減らしていただき、少し安静にしてもらいHCGを増やしていきました。
HCGが低めに出た場合は、温灸をして安静にすることがいいと思われます。
最近もHCGが8の方がいましたが、順調に育っています。
https://hohoemi-baby.net/case/2018/08/12/

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

不妊期間3年の38歳の方が体外受精で妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている38歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は趣味で水泳や、ダイビング、サーフィンをやっていました。
そしてしばらく人工授精をやっていたけれどもうまくいかなかったため、体外受精に移行する前にほほえみ鍼灸院にお越しに
なられました。

強刺激で採卵する病院の説明会に行く予定にしていたけれども、からだを診てみると、体外受精でも妊娠するのは難しいと判断したため、しっかり時間をとって体づくりをしていただきました。

まず、体を冷やす水泳やダイビング、サーフィンすべてやめ、徹底的にからだを温めることをお勧めしました。
からだに冷えがあり高温期が続かないため、仕事場では電気座布団を使い、寒い日には湯たんぽを使って徹底的にからだを温めていただきました。

その後クロミッドのみの低刺激の体外受精の病院に通っていただき、何度か採卵、移植をしました。
仕事も忙しい方だったこともあり、初めてお越しになられてから1年近くかかりましたが、無事妊娠されました。
本当によかったです

これから旦那様のお父様と、同居して子育てをする予定だそうで、とても喜んでいる患者さんを見て、私たち幸せを感じました。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

移植3回してうまくいかなかった方が鍼灸治療をして自然妊娠

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている20代後半の患者様が自然妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は夕方から夜にかけて仕事をされていて、いつも就寝するのが3時と言われていました。
そのため、月経周期も24日くらいで安定しておらず、生理痛もありました。

20代後半とまだ若い年齢であるにもかかわらず、最初にかかっていた不妊治療の病院ではHMGの注射を毎日して採卵していたそうです。
3回移植して、たった1度だけ7週まではもちましたが、心拍確認まではいかなかったようです。

また病院に移植後の生活の仕方についてアドバイスを尋ねると「普通に生活してください」と言われたそうです。
そのため、仕事をする時間帯も寝る時間もまったく変えることなく、仕事へもこれまでと変わらず自転車で行っていたそうです。
「移植後安静することはない」とお伝えする病院は多いようですが、私たちは毎日多くの患者さんに接し、できれば移植後はおとなしくしていた方がうまくいっていることをお伝えしています。
ましてや自転車は危ないので、乗らないようにしてもらいます。

この患者様には鍼灸治療を施すとともに、早めに就寝し、足湯や半身浴をして冷えをとり、良い卵子ができるように、生活習慣を変えてもらいました。

自然妊娠後はご主人と話し合い現在は、仕事を休んでいます。
無理のない生活をされていますので、順調にお腹の赤ちゃんが育っています。

若い20代の方でも夜遅くまで起きていると、良い卵子ができません。
冷えがある方もたとえ体外受精で妊娠をしても継続は難しくなります。

胚盤胞での移植は移植24時間以内に着床するといわれていますので、その時間内から判定日までは、ストレッチや運動は避け、静かに過ごすことと足湯などをして下半身を温めることが大切です。

生活習慣や体を温めることで質の良い卵子に変わり、この方のように自然妊娠することもあります。
ご主人は40代の方で忙しい仕事をされていましたのでコエンザイムQ10も飲んでいただきました。

妊娠するために必要なのは、質の良い卵子とふかふかでやわらかな子宮、そして元気な精子です。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

結婚5年目の36歳の方が体外受精で妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている36歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は鍼灸治療をする前は、とある大学病院に通っていて、クロミッドを5〜6回使っていました。
子宮卵管造影検査は問題なく、ご主人の精子検査も問題ありませんでした。
これから体外受精をしたいということで、ほほえみ鍼灸院に来られました。

月経周期も25日と短く、高温期が短く生理痛もありました。
また手足の冷えがひどく、肩こり、腰痛もありました。
大学病院の不妊治療では薬をたて続けに使っていましたので、しばらくは鍼灸治療をして、しっかり体つくりをしていきました。

仕事場も寒いので足湯をしていただきました。
また食生活や睡眠時間など、生活習慣も見直していただきました。
タンパク質多めの食事を摂るよう心がけ、以前は午前1時半に就寝していたそうですが、12時前には就寝するようにしました。
そして、仙骨にカイロ、下腹にもカイロを貼り、体も徹底的にあたためていただきました。

そうして体が整ったところで低刺激の病院で採卵し、妊娠しました。
7週目心拍確認できたとご報告をいただき、嬉しく思っています。

ほほえみ鍼灸院では、現在多くの患者様が妊娠されています。
治療期間は6ヶ月から長い方で2年という方もいらっしゃいますが、
長い期間掛かった方は初めに病院で強い刺激の薬を使ったため卵巣が弱り、受精卵ができなかったのです。
でもそうした方も、時間をかけて体を整えていくことで、妊娠されています。

継続して来ていただくことで、確実に体は妊娠しやすい体へと変わっていきます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

卵子の育たなかった35歳の方が妊娠

baby

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている35歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様がはじめて治療院に来られた時には、体外受精を何度か経験されていました。
卵子が育たず変性卵や未熟卵で移植をしていましたが、妊娠には至らなかったのでほほえみ鍼灸院にお越しになられました。

結婚されて5年で1年間はクロミッドやリファストンを飲んでいましたので、薬は全部やめていただきました。
月経の日数も短くなっていましたので、鍼と温灸治療をし、動物性タンパク質多めの食事に変え、半身浴を行い、早めに就寝していただくよう生活習慣も改善していただきました。

鍼灸治療をやっていくうちに体調も良くなってきました。
そして、今まで行っていた病院ではなく、低刺激の病院で採卵をし、胚盤胞まで育った卵子を移植したところ、妊娠し心拍確認できました。

妊娠7週の時には少し赤ちゃんが小さめでしたが、9週では標準の大きさまで育っていました。

この患者様は途中忙しくて来られなかった時期もありましたが、鍼灸治療には26回通ってくださいました。
鍼灸治療を続け、がんばって生活習慣を改めたことが妊娠につながったと思います。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

32歳の方が自然妊娠しました

baby

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている32歳の患者様が自然妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は1年半くらい子どもさんに恵まれず、病院に通っていました。
人工授精をしていて、セロフェンを飲んでいましたが、うまくいかなかったので鍼灸治療にお越しになられました。

体温も全体的に低く生理周期も40日で、2ヶ月生理が来ないこともあったと聞いています。
卵管造影の検査では異常がなかったため、温灸とハリを使い治療をはじめました。
薬類は全部やめていただきました。

体を診ると足裏までムクミや冷えが強く、特に下半身を中心に治療させていただきました。
体の状態があまりよくなかったので、お仕事をされていましたが、1週間に1度しっかり通ってくださいました。

治療回数18回目に
「まだ生理がこないし、体温が高い」
とおっしゃっておられたので、産婦人科でみていただいたら妊娠が確認され、心拍確認できました。
食べ物であったり、生活習慣を変えていただくと妊娠しやすい体をつくることが出来ます。
治療院では妊娠に必要な栄養を書いたプリントをお渡ししています。
またブログにも載せてありますので参考になさってくださいね。

食事で妊娠しやすい体づくり
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?cid=13

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ