36歳の方が体づくり後、1回目の体外受精で妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に来られていた36歳の方が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます。

この方は、1回だけ体外受精を受けて、採卵・移植をした翌月にほほえみ鍼灸院にいらっしゃいました。
採卵は分割胚が取れましたが、卵子の成長が遅く2回HMG注射を打って採った卵だったため、移植をすることはできたものの、成長が止まってしまい、うまくいきませんでした。
以前、他の鍼灸院にも通っていましたが、妊娠に至らなかったそうです。
薬の影響を受けやすい体質のため、この時の体外受精から、のぼせ・ほてり症状が強くなり、「まずは体を整えたい」と、当院にお越しになりました。

お話を伺うと、
生理周期が32~33日周期でやや長めであること
生理前の不正出血があること
生理痛が強く、薬を飲まないといられないこと
のぼせ・ほてりが強く、頭痛もあること
基礎体温も高温期が36.5~6℃とやや低めなこと
が分かりました。

お身体を診察すると、
両尻と左の鼠径部、両膝裏が固いことが分かりました。

まずは、骨盤周りの血流が良くなるよう治療を施し、
その後、膝裏をほぐして下半身の血流を促しました。
会社が冷える環境であるとのことで、下半身の重ね着をし、家では足湯をするよう伝えました。

1回目の治療後、寝汗がなくなり、のぼせ症状も軽くなりました。
生理前の不正出血も少なくなり、生理痛も薬を飲まなくて済むようになりました。
足湯や下半身の重ね着など温活も徹底して取り組み始めてくれました。
その後、のぼせ症状、頭痛、不正出血はすぐに解消されました。

妊娠したら出産まで続くように、
『体調が整うまでタイミングはとらない』と言って、
睡眠も夜9時に寝て早起きする生活スタイルに変えてくれました。

細胞の入れ替わり周期はおよそ3か月と言われているため、週1回の治療を継続して通ってもらいました。
その頃になると、生理痛もなくなり、基礎体温もキレイに2層になってきました。
高温期も12日間→14日間になり、高温期の体温も36.6→36.8~に上がるようになりました。
おりもの量もすごく増えてきました。
生理周期も27~30日に整ってきました。

冬の間もタイミングとらず、春になってからタイミング再開すると言って、
慎重に体づくりにしっかり時間をかけてくれました。

その間に、
・血栓体質であること
・両卵管狭窄があること
・子宮内膜炎であること
も判明し、各々の治療を受けて慎重に体を整え、「1回目の体外受精」で妊娠されました。

体外受精に挑む際も、
・注射をやらない、強刺激をしない採卵法にしてもらうこと
・薬の影響を受けやすい体質であること
をお医者さんにちゃんと伝えてもらいました。

採卵後も移植を急がず、寒い時期を避け、とにかく慎重に時間をかけてベストコンディションの時に移植に挑んだことが功を奏したと思います。
また妊娠後も週1回鍼灸でしっかり下半身の血流促進に努めたので胎嚢・心拍の確認を無事取ることが出来ました。

途中、2週間に1回のペースに通うのが落ちた時は、
体を冷やして生理痛が再発したり、風邪をひいたりと体調が乱れたので、しっかり週1回通ってもらうよう念入りにお伝えしました。
生理周期が長くなる時は、だいたいお薬を使用している時が多いので、服用後の症状を記録にとっておいたり、副作用を知っておくことも大切です。

当院の治療は、独自の温灸法で全身に治療を施すことが出来ます。
1回の治療で効果が出やすいのも特徴の1つです。
妊活を始める上で何から取り組めばいいのか、鍼灸院にはどういう時に通えばいいのか、など
ご不明な点やご相談などありましたら、お気軽にご連絡ください。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

生理が止まっていた36歳の二人目不妊の方が自然妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている36歳の患者様が二人目のお子さんを自然妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は一人目のお子さんの時も鍼灸治療をしてから妊娠されました。
私たちのところに来られた時はお母さんが癌で入院しており、
そのことによるストレスで生理が止まった状態でした。
病院で注射やクロミッドを飲んでいたけれども妊娠には至らなかったため、
ほほえみ鍼灸院に鍼灸治療にお越しになられました。

お母さんの病気のこともあってストレスもある上に、仕事も忙しく、
多能胞であったり、体温も低体温で基礎体温のグラフもきんちんと二層に分かれていませんでした。
けれども、しっかりと1週間に1度通って治療を行うことで、自然に妊娠されました。

二人目は授乳をやめてから3ヵ月経ってからお越しになられました。
今回は仕事が忙しく、食bでのストレスがあって排卵がない状態で、生理も止まっていました。

仕事を変えることでストレスを解消し、二人目を授かるためまた1週間に1度まじめに治療に来てくださいました。
そのうちに生理が始まり、おりものも分かるようになりました。
足湯や半身浴、タンパク質多めの食事もとってしっかり妊娠に向かって歩んでいきました。

二人目の妊娠は1回目より時間はかかりましたが、自然に妊娠されました。

ストレスで生理が止まってしまうことはよくあるので、できることならばストレスを軽減する努力も必要です。

この方のように仕事を変えるのもいいですし、自然の中に入ることもストレス解消になります。
またダイエットも生理が止まってしまう原因となります。
ダイエットするならお子さんが授かってからにしましょうね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

鍼灸治療で二人目も授かりました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている患者様が二人目のお子さんを妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は1人目のお子さんの時も病院に通ってたけれども、妊娠には至りませんでした。
はじめてほほえみ鍼灸院に来られた時は33歳。
血液検査をしても全く異常はな買ったにもかかわらず、不妊歴も3年でした。

体を診せてもらうと下半身の血行が悪く、むくみがありました。
そして、基礎体温も高温期が低く、低温期との差があまりない状態でした。
また生理痛もひどくて、いつも鎮痛剤を飲んでおられました。

呼吸も浅く典型的な疲れやすい体でした。
鍼灸治療は初めてだったこともあり、はじめは少し軽い治療から始めていきました。
慣れたころには強めの治療をしても体のだるさは出なくなりました。
そして、体温も高温期が37,0くらいまで上がるようになりました。
体温も安定し生理痛もなくなったところで、前とは違う病院で体外受精をして1人目のお子さんを妊娠そして無事出産されましたされました。

一人目を出産してから1年5ヶ月経ち、二人が欲しいということでまた当院にお越しになられました。
以前と同じように鍼灸治療でしっかり体つくりをしてから、一人目のお子さんが授かった低刺激の病院に通い妊娠されました。
二人目は以前よりも早くスムーズに妊娠されました。
一人目の時に体をしっかりと治したことと、出産してからも下半身を冷やさなかったことが良かったのです。

卵子が育ちにくい方やいい卵子がとれない方は、基礎体温の高温期が低かったり、低温期との差があまりなかったりします。
生理痛がきつい方というのは、下半身冷えが影響しています。
しっかり下半身をあたため、ケアーをしましょうね。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

断乳してもなかなか妊娠しなかった30歳の患者様が二人目をが妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている30歳の患者様が二人目のお子さんを自然妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は1人目のお子さんがいて、昨年の12月から生理がはじまり、断乳もしてました。
そして病院でフェマーラを処方して服用していたけれども妊娠しなかったため、ほほえみ鍼灸院に不妊治療に来られました。

体の状態をお伺いすると。高温期が低く、経血の量も少ないと言われていました。

鍼灸治療をすることで高温期が36.8~37.0度まで上がりました。
体の血行を良くすることで、経血の量も増え、レバー状のかたまりもなくなり、経血の色も鮮明に綺麗な状態になりました。
そして生理痛もなくなりました。

また、ご自身でも下半身をしっかりとあたためてもらうようアドバイスしました。
下半身を温めるお風呂の入り方をお伝えし、仕事場でも電気座布団にフリースのひざ掛けをしてもらいました。
こうして徹底的に下半身を温めたことで、自然に妊娠されました。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

37歳の方が一人目に続き、二人目も自然妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている37歳の患者様が二人目のお子さんを自然妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は一人目のお子さんの時にほほえみ鍼灸院に来て鍼灸治療で体を治し、自然妊娠されました。
最初に治療に来られた時は生理痛が冬になるとひどくなり、手足の冷え、肩こり腰痛にも悩まされていました。
そして病院や検査薬で見てタイミングをとっていましたが妊娠には至らなかったそうです。

鍼灸治療と温灸治療をして体の血行の悪い部分に鍼とパルスをして体の筋肉を緩め、温灸治療で体全体の血液の流れを良くしていきました。
体が冷えているということは、子宮や卵巣も冷えています。
鍼灸治療をしばらくすると生理痛が軽くなり、高温期の体温も上がるようになりました。
手足も温かくなり体温が上がるようになると自然妊娠するようになりました。

その後二人目のお子さんを望まれてお越しになられました。
断乳してから3回は生理をみてから鍼灸治療をしていきました。
前回と同じように冷えがありましたので、体の血行の良くしていきました。
血行が良くなると体温も上がり、生理痛もなくなって自然妊娠されました。

心拍確認でき9週を過ぎ、軽いつわりはありますが順調におなかの赤ちゃんは育っています。
冷えた体では妊娠しづらくなりますので、温め生活をはじめましょう。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

二人目不妊だった30歳の方が自然妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている30歳の患者様が二人目のお子さんを自然妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は一人目のお子さんを出産し、二人目を希望されていました。
お子さんが1歳になってから断乳し、1ヵ月後に生理が始まり、病院に行ってフェマーラを飲んでタイミングをとっていましたが妊娠しなかったため、ほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療にお越しになられました。

問診させていただくと、
月経周期が30日~40日とバラバラで、出産後も生理痛がありました。
睡眠する時間が12時~7時とのことでしたので、それよりも1時間早めに寝るようにしてもらいました。
卵子を育てるホルモンは10時くらいから多く分泌されるので、早めに寝ることで良い卵子を体の中で育てることが出来るのです。

まだ若いのに経血の量が減ってきているようでした。
高温期も低めで長く続かないようでした。

体を診てみると冷え、肩こりがありました。
血行が悪く、三陰交が固くなって腰にも痛もありました。
鍼、パルス、温灸治療をしてから、指圧をし、体全体の体温を上げていきました。

8回目の治療の後自然妊娠されました。

生理痛があるということは、子宮が冷えていることです。
子宮が冷えていると妊娠しづらくなります。
鍼灸治療や温灸治療で体を温めましょうね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

高温期のなかった34歳の二人目不妊の方が自然妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている34歳の患者様が2人目のお子さんを自然妊娠されました。
この方は1人目のお子さんも私どもの鍼灸治療で授かりました。

2人目がなかなか授からずお越しになられたので、
問診をして体を診てみると、
高温期が36.1~36.2℃しかなく、腰痛もありました。

からだが冷え切っていて、また冷えていることに気づかず生活していたので腰痛を起こしていました。
腰痛は冷えが原因で起こることもあるのです。

下半身を温めることや、食べ物指導をしていきました。
早めに就寝するように努めてもらいました。

腰痛治療を中心とした鍼灸治療をして、3回目の施術で高温期が36.5まで上がりました。
下半身全体がむくみがひどかったので、からだの悪い部分に鍼とパルスして筋肉をゆるめ、そのあと温灸を施し、指圧をするうちに下半身の血行が良くなり、自然妊娠することができました。
おめでとうございます!

からだが冷えていることが原因で、生理痛がひどかったり子宮や卵巣に病気を抱えている方が多くいます。
冷えは妊娠にとって百害あって一利なしです。
普段から服装や生活習慣に気を配りましょうね。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

卵胞が育たなくて体外受精を考えていた31歳の方が自然妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている31歳の患者様が2人目のお子さんを自然妊娠されました。
おめでとうございます!

この方は1人目のお子さんの時にも、ほほえみ鍼灸院に鍼灸治療にお越しになられ、自然妊娠しました。

その後2人目を望まれ、6か月病院に通って処方された薬を服用してタイミングをとっていたけれどもお子さんに恵まれなかったためお越しになられました。

月経も2日間しかなかったそうです。
月経周期が35日~40日とバラバラで、高温期が上がらず卵胞が育っていないようでした。

当初、ご本人は体外受精も考えているとおしゃっていました。
けれども、年齢も若いこともありしっかりとからだを治していくことによって自然妊娠できると私たちは思いました。

そこで体の悪い部分には鍼とパルスを施し、温灸でしっかり体を温める治療を施しました。
仕事場ではレッグウォーマーと足首まで巻けるひざ掛けをしてもらい、家でもレッグウォーマー、フットバスで下半身を温めてもらうようお願いしました。
また、ヘム鉄も飲んでもらいました。

そうすることで、無事自然妊娠されました。

お話を伺うと、この方はダイエットが原因で17歳から20歳の時生理が止まったことがあったそうです。
食べ物だけでのダイエットはからだを壊しますし、ホルモンにも大きな影響をおよぼします
ですので、赤ちゃんを望まれる方は、運動しながら体重を落とすようにしてください。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

メニエール病だった38歳の方が二人目のお子さんを妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている38歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます!

この患者様はお一人目のお子さんのときも、体外受精をしていて5回採卵し、移植6回しても妊娠には至らなかったため、ほほえみ鍼灸院にお越しくださいました。
体を診てみると、お腹が硬く張っていて、下半身の浮腫みもひどく、メニエール病を患っていて毎日めまいがあり右に首を回しにくいと言っていました。

鍼と温灸でメニエール病の治療を行いました。
また、日常生活でも仕事場では電気座布団とひざ掛けを足元までかけ、自宅でも足湯や半身浴を毎日続けていただき、体をしっかり温め、基礎体温を上げるよう努めてもらいました。

鍼灸治療と日常生活の改善である程度体つくりが出来た時点で、採卵してもらったところ、4個胚盤胞で凍結でき、1個目で妊娠されました。
そしてお一人目のお子さんを出産されました。

お子さんが大きくなったので、二人目を望まれお越しになられました。
出産後もしっかり体を温めるようにしてもらていたら、早めに妊娠されました。
メニエール病もしっかり治療していましたので、まったくめまいは起きていません。

めまいでお悩みの方もお越しくださいね。
めまいは2回~3回の鍼灸治療で治ります。

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

結婚8年目、多能胞の39歳の方のが体外受精で妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている39歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます!

この患者様は1年間婦人科の病院でクロミッドを服用して妊娠を目指していましたが、うまくいかず、ほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療に来られるようになりました。

多能胞で卵子が大きくならず、また子宮にポリープもあったので、手術もされていました。

体温のグラフもガタガタとなっていて、特に低温期は36.0度をきっていましたし、高温期も36.3〜36.7度と上がり下がりが大きく、安定していませんでした。

仕事も忙しくされていて寝る時間も遅く、また仕事の試験を受けないといけないためそのストレスもあるようでした。
こういう時は妊娠は難しく、また1年間服用した薬を抜く時間も必要なので、鍼灸治療と生活週間の改善で体づくりにしっかり時間を取っていただきました。

試験も済み、鍼灸治療を続けることで体の状態も安定してきました。
そして、低刺激の体外受精の病院へ行くことをアドバイスさせていただき、そこで採卵をして妊娠されました。
体外受精も何度かかかりましたが、無事妊娠され心拍確認できたとのお知らせをいただきました。
時間はかかったけれども本当に嬉しく思っています。

この方のように長期にわたって薬を飲んでいた方は、薬を抜く時間が必要になります。
また冷えから多能胞になる可能性もありますので、早めに体を温める方法を実践してくださいね。
妊娠を考えている方は、病院で検査をした後タイミングをはかり、その後人工授精を3回それでも妊娠しなかったら、体外受精に移行しているケースが多いのですが、できれば鍼灸治療を行って、しっかり体つくりをしてからのほうがうまくいきます。

ほほえみ鍼灸院の温熱治療を続けることで、体外受精を何度してもうまくいかなかった40歳以上の方で自然妊娠される方もいらっしゃいます。

体温のグラフがガタガタであったり、多能胞があったり、生理痛がひどい方は体外受精をしても簡単には妊娠しません。
妊活のためには、まずご自分の体のケアー必要です。
「急がば回れ」です。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ