夜勤があり不規則な生活だった33歳の方が妊娠しました


今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている33歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は1年タイミングをとり、病院にも通って人工授精を3回行い、
その時にHMGの注射と薬を飲んでいたけれども、妊娠には至りませんでした。

左の卵管が通りずらく、生理痛もあったそうです。
夜勤が月に4〜6回あるお仕事をされており、不規則な生活を送っておられました。
AMHの数値は年齢相応だったけれども、不規則な生活が原因で排卵が安定していませんでした。

鍼灸治療を施すと同時に、食生活や生活習慣の改善を指導させていただきました。
毎日少量のレバーを食べ、足湯、半身浴を実践するようお伝えしました。

夜勤があったりご主人さんも忙しくタイミングをとるのが難しそうだったので、
鍼灸治療と生活習慣の改善である程度体が良くなった時点で、低刺激病院での体外受精にすすみました。

2回妊娠したけれども、
夜勤と仕事内容が厳しく流産をしてしまいました。
移植後は夜勤を1か月1日くらいに少なくするよう、勤め先の上司に相談をしてもらいました。
そうして妊娠を継続することができました。

以前ほほえみ鍼灸院に治療に来られていた患者さまで介護の仕事をしている方がおらっしゃいました。
毎日施設の入所者をお風呂に入れるという重労働をしていたため、流産をしてしまいました。
妊娠すると人を抱えるような仕事をされるのは継続が難しくなります。
一旦仕事をやめていただき、治療と生活習慣の改善をこなうことによって妊娠、出産となりました。

ハードな仕事をされている方で、なかなか妊娠に結びつかない方は
一度仕事についてしっかり向き合う必要があると思います。
仕事はいつからでも再スタートできますが、女性が妊娠できる期間にはリミットがあります。

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

鍼灸治療で二人目も授かりました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている患者様が二人目のお子さんを妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は1人目のお子さんの時も病院に通ってたけれども、妊娠には至りませんでした。
はじめてほほえみ鍼灸院に来られた時は33歳。
血液検査をしても全く異常はな買ったにもかかわらず、不妊歴も3年でした。

体を診せてもらうと下半身の血行が悪く、むくみがありました。
そして、基礎体温も高温期が低く、低温期との差があまりない状態でした。
また生理痛もひどくて、いつも鎮痛剤を飲んでおられました。

呼吸も浅く典型的な疲れやすい体でした。
鍼灸治療は初めてだったこともあり、はじめは少し軽い治療から始めていきました。
慣れたころには強めの治療をしても体のだるさは出なくなりました。
そして、体温も高温期が37,0くらいまで上がるようになりました。
体温も安定し生理痛もなくなったところで、前とは違う病院で体外受精をして1人目のお子さんを妊娠そして無事出産されましたされました。

一人目を出産してから1年5ヶ月経ち、二人が欲しいということでまた当院にお越しになられました。
以前と同じように鍼灸治療でしっかり体つくりをしてから、一人目のお子さんが授かった低刺激の病院に通い妊娠されました。
二人目は以前よりも早くスムーズに妊娠されました。
一人目の時に体をしっかりと治したことと、出産してからも下半身を冷やさなかったことが良かったのです。

卵子が育ちにくい方やいい卵子がとれない方は、基礎体温の高温期が低かったり、低温期との差があまりなかったりします。
生理痛がきつい方というのは、下半身冷えが影響しています。
しっかり下半身をあたため、ケアーをしましょうね。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

37歳の方が一人目に続き、二人目も自然妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている37歳の患者様が二人目のお子さんを自然妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は一人目のお子さんの時にほほえみ鍼灸院に来て鍼灸治療で体を治し、自然妊娠されました。
最初に治療に来られた時は生理痛が冬になるとひどくなり、手足の冷え、肩こり腰痛にも悩まされていました。
そして病院や検査薬で見てタイミングをとっていましたが妊娠には至らなかったそうです。

鍼灸治療と温灸治療をして体の血行の悪い部分に鍼とパルスをして体の筋肉を緩め、温灸治療で体全体の血液の流れを良くしていきました。
体が冷えているということは、子宮や卵巣も冷えています。
鍼灸治療をしばらくすると生理痛が軽くなり、高温期の体温も上がるようになりました。
手足も温かくなり体温が上がるようになると自然妊娠するようになりました。

その後二人目のお子さんを望まれてお越しになられました。
断乳してから3回は生理をみてから鍼灸治療をしていきました。
前回と同じように冷えがありましたので、体の血行の良くしていきました。
血行が良くなると体温も上がり、生理痛もなくなって自然妊娠されました。

心拍確認でき9週を過ぎ、軽いつわりはありますが順調におなかの赤ちゃんは育っています。
冷えた体では妊娠しづらくなりますので、温め生活をはじめましょう。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

排卵がなかった二人目不妊の28歳の患者様が自然妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている28歳の患者様が自然妊娠しました。
おめでとうございます。

二人目のお子さんを望んでおられるこの方は平成29年5月から30年4月まで生理が来なくなっていました。
一人目のお子さんは死産で、二人目のお子さんは4歳になっていましたが、排卵しないので妊娠出来ずにいました。
病院でクロミッドを処方してもらって7ヶ月を服用し、排卵させタイミングをとっていました。
けれども、排卵痛があって内膜も薄くなってしまい、薬を服用しても排卵しなくなったので病院に通うのをやめ、ほほえみ鍼灸院に来られました。

体を診せていただくと、汗がかきにくい循環の悪いからだで、下半身全体がひどい浮腫みがありました。
尿の回数も多く、疲れやすいく、朝から体がだるいと言っていました。

下半身には筋肉の悪いところに、ハリとパルスを施してから温灸、指圧をしてから浮腫みや痛みを取り除いていきました。
仕事で外に出ることが多かったようなので、下半身をしっかり温めてもらうよう指導しました。
また食事も気をつけていただくようお伝えしました。

鍼灸での不妊治療と生活習慣の改善で、この方は1周期で自然妊娠されました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

患者さんからの喜びの電話

先日、東京都の離島で暮らしている患者さんから、
「3680gの元気な男の子が生まれました」
と報告をいただきました。

この方は30代。
夏の間仕事でプールに入ることが多く、体が冷え切っていました。
まだ若いのに生理痛もあり、体中の筋肉がこわばったようなってしまっていました。
そして、旦那さんも若かったのに何年も妊娠できずにいました。

鍼灸治療を施しながら、日常生活の中でも温める習慣を身につけ、冷たいものもなるべく食べないように気をつけていただき、妊娠体質にもっていきました。

そうして1人目のお子さんがを授かり、離島へと引っ越されました。
その後、1人目のお子さんを無事出産し、2人目も望んでおられたので時々ほほえみ鍼灸院に通ってくれました。
1人目のお子さんも授かってから、島に引っ越して二人目を望んでから
以前と同じようにお子さんの時と同じように、温め生活を実践して、元気な赤ちゃんを授かりました。

うれしいことに、赤ちゃんが生まれて翌日に私たちに電話で報告をしてくださっていたようです。
出産で体力も使っていたであろうから心配していたのですが、
出血も少な安産で全く問題なかったとおっしゃっておられました。
看護師さんからも理想的なお産でしたと褒めてもらったそうです。

妊娠後も元気でなければお子さんを育てるのは大変です。
鍼灸治療をして温める生活をしたら、産後も快適に過ごすことができるのです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

二人目不妊だった30歳の方が自然妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている30歳の患者様が二人目のお子さんを自然妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は一人目のお子さんを出産し、二人目を希望されていました。
お子さんが1歳になってから断乳し、1ヵ月後に生理が始まり、病院に行ってフェマーラを飲んでタイミングをとっていましたが妊娠しなかったため、ほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療にお越しになられました。

問診させていただくと、
月経周期が30日~40日とバラバラで、出産後も生理痛がありました。
睡眠する時間が12時~7時とのことでしたので、それよりも1時間早めに寝るようにしてもらいました。
卵子を育てるホルモンは10時くらいから多く分泌されるので、早めに寝ることで良い卵子を体の中で育てることが出来るのです。

まだ若いのに経血の量が減ってきているようでした。
高温期も低めで長く続かないようでした。

体を診てみると冷え、肩こりがありました。
血行が悪く、三陰交が固くなって腰にも痛もありました。
鍼、パルス、温灸治療をしてから、指圧をし、体全体の体温を上げていきました。

8回目の治療の後自然妊娠されました。

生理痛があるということは、子宮が冷えていることです。
子宮が冷えていると妊娠しづらくなります。
鍼灸治療や温灸治療で体を温めましょうね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

42歳の患者様が体外受精で妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている42歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は2回の胚移植をされて妊娠できなかった為、3回目の移植の前にほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療に来られました。
1回目の胚移植では7週目で成長が止まり、2回目の移植では着床したもののHCGが低くて継続出来なかったそうです。

体を診てみると、ふくらはぎに浮腫みがあり、下半身の血流が悪いために子宮の血流も悪くなり、妊娠が継続出来なかったよう鍼灸治療により下半身全体、子宮の血流も良くすることで治療後の移植で無事妊娠されました。

移植の当日にパルスを併用した鍼灸治療をすることにより子宮への血行が大きく高まり、とても着床し易くなります。
なかなか着床できない方は、当日に鍼灸治療を受けてみて下さい。
卵子が良くなく胚盤胞になりにくい方でも少し時間をかければ強い卵子が育つようになります。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

体外受精で何度も採卵しても受精しなかった41歳の方が妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている41歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます。

この方は結婚2年目で体外受精を何度かしたけれども良い受精卵ができず、移植しても妊娠はしなかったため、ほほえみ鍼灸院に鍼灸治療に来られました。

2〜3年前までは28日周期できていた月経も、現在は25日から27日と間隔が短くなり、経血の量も減ってきてました。
冷えからくる下痢と便秘も繰り返しているようでした。
また1年前にぎっくり腰を起こしていて、半年くらい痛みが続いていたようです。

体を診てみると、からだ全体の筋肉のこわばって硬くなっており、むくみがひどい状態でした。
しかも、熱がこもって汗が出ず、頭痛もあって代謝がものすごく悪いでした。
患者様が思っている以上に体の状態が良くなく、「どこから手をつけたらいいか」と思うほどでした。

けれども、鍼とパルスで凝り固まってしまていた筋肉を奥まで緩め、温灸で熱を入れさらに筋肉を柔らかくしていくことで、むくみが取れ、代謝がよくなってきました。

鍼灸治療を続け、またセルフケアをしっかりしていただくことによって体の状態が改善されてきた頃合いに、注射を使わない低刺激の方法で採卵をする病院で採卵をしていただきました。
胚盤胞の受精卵が凍結でき、次の周期で移植しました。
ランク2、内膜8ミリでの移植でした。
HCG55で胎嚢も見え、その後心拍確認もできています。

つわりもなく順調に赤ちゃんは、お母さんのおなかで育ってくれています。

ほほえみ鍼灸院には、この方のように何度か体外受精をしたけれどもうまくいかなかった方が多くいらしています。
15回体外受精をして妊娠されなかった39歳の方が、当院で鍼灸治療で体の状態を整えたあと妊娠されたケースもあります。

何度も体外受精をしてもうまくいかない方は、本人に自覚がなくても体の状態がよくないことがほとんどです。
妊娠するために必要なのは、元気な卵子と、赤ちゃんが育つふかふかの子宮です。
元気な卵子やふかふかの子宮を作るためには、血流の良い元気な体であることが必要です。

お子さんを望む方の少しでもお役に立ちたいと、
私たちは妊娠するために必要なことを、このブログを通してお伝えしています。

体の温め方を知らなかったという方、
何を食べるといいのか分からなかった方、
何度も体外受精をしているのに授からないのかという方、
ぜひ一度私たちのブログを読み返してみてくださいね。

不妊治療と冷えとり
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?cid=11

自宅でできるセルフケア
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?cid=10

食事で妊娠しやすい体づくり
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?cid=13

不妊治療
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?cid=1

また治療にお越しの際は、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

予約はお電話で。
03-6318-5648
土日よりも平日が予約が取れやすくなっています。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

高温期のなかった34歳の二人目不妊の方が自然妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている34歳の患者様が2人目のお子さんを自然妊娠されました。
この方は1人目のお子さんも私どもの鍼灸治療で授かりました。

2人目がなかなか授からずお越しになられたので、
問診をして体を診てみると、
高温期が36.1~36.2℃しかなく、腰痛もありました。

からだが冷え切っていて、また冷えていることに気づかず生活していたので腰痛を起こしていました。
腰痛は冷えが原因で起こることもあるのです。

下半身を温めることや、食べ物指導をしていきました。
早めに就寝するように努めてもらいました。

腰痛治療を中心とした鍼灸治療をして、3回目の施術で高温期が36.5まで上がりました。
下半身全体がむくみがひどかったので、からだの悪い部分に鍼とパルスして筋肉をゆるめ、そのあと温灸を施し、指圧をするうちに下半身の血行が良くなり、自然妊娠することができました。
おめでとうございます!

からだが冷えていることが原因で、生理痛がひどかったり子宮や卵巣に病気を抱えている方が多くいます。
冷えは妊娠にとって百害あって一利なしです。
普段から服装や生活習慣に気を配りましょうね。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

卵胞が育たなくて体外受精を考えていた31歳の方が自然妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている31歳の患者様が2人目のお子さんを自然妊娠されました。
おめでとうございます!

この方は1人目のお子さんの時にも、ほほえみ鍼灸院に鍼灸治療にお越しになられ、自然妊娠しました。

その後2人目を望まれ、6か月病院に通って処方された薬を服用してタイミングをとっていたけれどもお子さんに恵まれなかったためお越しになられました。

月経も2日間しかなかったそうです。
月経周期が35日~40日とバラバラで、高温期が上がらず卵胞が育っていないようでした。

当初、ご本人は体外受精も考えているとおしゃっていました。
けれども、年齢も若いこともありしっかりとからだを治していくことによって自然妊娠できると私たちは思いました。

そこで体の悪い部分には鍼とパルスを施し、温灸でしっかり体を温める治療を施しました。
仕事場ではレッグウォーマーと足首まで巻けるひざ掛けをしてもらい、家でもレッグウォーマー、フットバスで下半身を温めてもらうようお願いしました。
また、ヘム鉄も飲んでもらいました。

そうすることで、無事自然妊娠されました。

お話を伺うと、この方はダイエットが原因で17歳から20歳の時生理が止まったことがあったそうです。
食べ物だけでのダイエットはからだを壊しますし、ホルモンにも大きな影響をおよぼします
ですので、赤ちゃんを望まれる方は、運動しながら体重を落とすようにしてください。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ