45歳の旦那様と40歳の奥様に体外受精で赤ちゃんが産まれました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に不妊治療に来られている45歳の旦那様と40歳の奥様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます。

不妊治療を掲げるほほえみ鍼灸院ではとても珍しいケースなのですが、最初旦那様だけが治療に来られていました。

旦那様にお話しを伺うと、体調が悪く、一回風邪をひくと何ヶ月も治らず、いつも体の倦怠感がとれないため、精子の運動率や数も少ないという事で、奥さんがインターネットで調べて私たちのところへ行くように伝えたのがきっかけとのこと。

旦那様が鍼灸治療を気に行ってくださり、3回ほど続けたら体はすっかり元気になったので、4回目の治療はお断りさせていただいていました。
そして、妊娠を望むのであるならば奥様にも治療が必要だとお伝えしました。
理由は女性を治療する方が妊娠しやすいのと、女性の患者さんが治療の順番待ちをしていたので、女性の患者さんを優先させて頂きました。

その後、旦那様は元気になられ精子の運動率も良くなり、体外受精をされて女の子の赤ちゃんを授かったと電話を頂きました。

そして、赤ちゃんの写真をはがきで送ってくださいました。
私たちの治療やアドバイスがお役に立てて良かった良かったです。
ご連絡ありがとうございました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

41歳の方の方が体外受精で妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に不妊治療に来られている41歳の方が2人目の赤ちゃんを体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は1人目の赤ちゃんも、ほほえみ鍼灸院に通って頂き妊娠されました。
この患者様はがとても神経を使い精神的なストレス負荷の高い仕事をされていました。
またC型肝炎を抱えていました。
それでもどうしても子供が欲しいと強く望んでおられました。
婦人科の先生に相談し、鍼灸治療で体調を整えてから体外受精の病院に行って妊娠に至りました。

そしてとても優しい方で、旦那様のお父さんが一人暮らしをしていたので、産休に入ったあたりでお父さんのところに引っ越して同居をしていました。
お父さんが体調を崩して病院に入院した時には、1人目の赤ちゃんを育てながら病院に通っていたようです。

その後もお父さんが退院してからも車に乗せて、通院しながら忙しい中二人目の赤ちゃんを授かるために、ほほえみ鍼灸院に通ってくださいました。
ご本人の病気や旦那様のお父さんの世話など大変なことがありましたが、2人目を妊娠され本当に良かったです。

ご連絡をいただきありがとうございました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

38歳の不妊症だった方が二人目も妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に不妊治療に来られている38歳の方が二人目の赤ちゃんを体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は1人目のお子さんもほほえみの鍼灸治療を受けて妊娠されました。
私たちのところに来る前は体外受精を何度かされても妊娠には至らなかったそうです。

もう子どもは諦めかけていたところ、ほほえみ鍼灸院のホームページを偶然みつけて隅々まで読み、旦那様を説得して来られたとおっしゃっていました。

診察に来てお話を伺うと、
からだは悪く貧血ぎみだし、頻繁に体調を崩して仕事が出来ないので、家事を行うのがやっとだとのこと。
また食生活について伺うと、お肉が苦手で時々魚を食べるくらいで、タンパク質不足でした。
食べ物は卵子にもの凄く影響します。
タンパク質不足にならないように、プロテインも摂って頂き体重も増やしてもらいました。

また、鍼・パルス・温灸を使った治療で体中の血液の流れをよくし、骨盤の歪みを治していきました。
そうすると、体も元気になり、心も前向きになってきました。

そして、体外受精の病院も変えていただきフェマーラだけで採卵し、その後移植をしました。
胎嚢が5週で見えて、一週間後に心拍確認ができました。

一人目、二人目と順調に妊娠され本当に良かったです。
また移植前に、わざわざ尼崎の治療院まで来てくれました。
遠い所ありがとうございました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

33歳の多能胞、流産経験のある方が体外受精で妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に不妊治療に来られている33歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は不妊治療の病院に通いクロミッドを5か月服用して妊娠したけれども7週で流産してしまいました。
医療関係の仕事に就いて忙しくしていたのをパートに変え、レトロゾールを飲み妊娠を目指しましたけれども妊娠に至らず、お母様の紹介で初めてほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療にお越しになられました。

お話を伺うとAMHが10以上あり、多能胞で生理周期が35日以上とのこと。
体を診てみると冷えがありました。

まずは体調不良をハリやパルス、温灸で治していきます。
そして、体調不良の原因となっている食生活や生活習慣も同時に行い、体づくりをしていきます。

医療関係の看護師さん、医師、介護の方、検査技師の方など多くの方が、体調不良や子宮や卵巣に問題を抱えています。
体外受精だけでは妊娠しません。
たとえ妊娠したとしても、継続が難しいのです。
だから体の悪いところをまず治して、元気な卵子と赤ちゃんが育ちやすいふかふかのベッドのような子宮をつくることで妊娠は継続できるのです。
薬や注射に頼らないくても妊娠することはできます。

そして、ほほえみ鍼灸院で不妊治療を受けた患者様は一人目を体外受精で授かり、二人目を自然妊娠で授かったという方がとても多いです。
これは徹底した体つくりの成果だと思います。

子宝を望む多くの方に、赤ちゃんを抱いていただきけるよう、私たちも精一杯お手伝いさせていただきます。
なかなか妊娠できない方、妊娠しても何度も流産してしまった方、ぜひご相談ください。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

41歳の二人目不妊の方が体外受精で妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に不妊治療に来られている41歳の患者様が二人目のお子さんを自然妊娠されました。
おめでとうございます。

この方は3歳になるお子さんがいますが、二人目がなかなか授からずにいました。
他の鍼灸院に8か月通っていたけれども授からなかったため、インターネットでほほえみ鍼灸院をみつけてお越しくださいました。

お仕事も忙しく、育児のため毎朝4時半に起きていたとのこと。
慢性的に肩こりがあり、夕方になると腰痛がひどくなるとのことで、鍼灸治療で体を治しました。
鍼灸治療で体の状態を整えると同時に、生活改善と食事のとり方を指導し、自宅でも実践していただきました。

また旦那様も仕事で忙しく、精子の状態もよくなかったため、還元型コエンザイムを飲んでもらいました。
そうして体の状態をしっかり整え、自然に近い採卵法をしている体外受精の病院で妊娠されました。
おめでとうございます。

この患者様のように、他の鍼灸院にかよっていたけれども効果が出ず、インターネットで情報収集をして私たちのところに来られる方はたくさんいらっしゃいます。
「不妊鍼灸治療」と一言で言っても、鍼灸院によって治療法は異なります。
治療法が違うので効果の出方も違います。

慢性的な肩こり、腰痛を鍼灸治療で健康な体に治します。
妊娠しやすい生活改善、食事のとり方をしていただき妊娠まで導き妊娠されてからも、流産をしないように出産まで指導させていただきます。
安心して受けられる鍼灸治療ですので、お試しくださいね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

39歳の方が二人目を体外受精で妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に不妊治療に来られている39歳の患者様が二人目のお子さんを妊娠されました。
おめでとうございます。

この患者様は医療関係の仕事に従事していて、若い時に何度か中絶手術をしていました。
話を伺うと、内膜が薄く月経周期も安定していないとのこと。
病院で何度もクロミッドを処方されて飲んでいましたが、妊娠には至らずお越しになりました。

生活習慣を変え、食生活の改善、11時までには就寝するようお伝えしました。
下半身の冷えがあるため、しっかりとレギンス2枚にズボンを履き、靴下は2枚重ねて履き、半身浴足湯をすることで体の状態が改善ました。

旦那様の精子の運動率も悪かったので、還元型のQ10を飲んでもらい運動率を上げて体外受精にのぞんでいただきました。
そして、一人目を妊娠しました。

一人目を出産後も、これまでにからだの悪い所を改善しているので、一人目を妊娠した時のような生活習慣を続けていると二人目は普通に妊娠できる確率が高くなります。
この方も、出産後にそのことを思い出し、体を冷やさない生活習慣を続けてくださっていました。
そして、二人目は残っていた受精卵を戻して妊娠したと連絡いただきました。
嬉しいお知らせ、ありがとうございました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

38歳の二人目不妊の方が体外受精で妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に不妊治療に来られている38歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます。

この患者様はほほえみ鍼灸院の治療を受ける前に、病院で6年間不妊治療をしていました。
その病院は注射で採卵をする方法で採卵を行なっており、4回挑戦したけれども妊娠に至らなかったそうです。

体を診てみると、ひどい冷えで、足の色が黄色くなっていました。
また股関節がずれていました。
生理痛もひどく薬を3日飲んでいても辛いとおっしゃっていました。
立ちくらみや体のだるさで仕事が出来ないので専業主婦をしていましたが、初めて治療に来られた時にはほとんど寝たり起きたりと言っていました。

この方は体を治してから妊娠に向けていかないと、たとえ妊娠してももたないと見立てました。
鍼とパルス、温灸を使い治療して、体を根本から直していきました。
またカウンセリングも行うことで、心の状態も整えていきました。

しっかり体を治したたことで、一人目も二人目も順調にお腹の中で育って、お母さん自体も健康で子育てしています。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

体外受精で40歳の方が妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている40歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます。

この患者様は忙しい仕事をされていて、1年はタイミングをとっていたけれども妊娠しなかったので、体外受精に挑んでいました。
1回目の採卵は1個採ることができ、8分割胚で移植されたようですが妊娠には至らず、鍼灸治療に来られました。

体を診てみると、肩こりがひどく背骨が曲がっていました。
仕事で夜が遅く、職場ではパンプスでした。

鍼とパルスを使って、冷えのきつい下半身には温灸治療を施していきました。
また、職場ではパンプスをやめてもらい、しっかりと普段でも下半身が冷えない服装に変えていただきました。

体外受精の病院も採卵法がやさしい病院に変わり、2回目の採卵でで無事妊娠されました。
体外受精の病院選びは大切ですし、仕事をセーブすること、生活習慣を変えること、妊娠するために必要な食べ物をとること、そして日頃の服装を変えることも大切です。

ちなみにこの方はズボン下2、3枚に靴下3枚履いて、下半身を徹底的に温めていました。
「冷え」は妊活の大敵です。
現在妊活をされている方も、今一度ご自身の服装をみつめなおしてくださいね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

遠距離ご夫婦の40歳の方が二人目も体外受精で妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている40歳の患者様が体外受精で二人目のお子さんを妊娠されました。
おめでとうございます。

この患者様は一人目の時も鍼灸治療を受けて妊娠されました。
一人目がなかなか授からなくて、私たちのところにお越しくださいました。
当時もは旦那様が関西で仕事をしているため、タイミングをとりに奥様が東京から新幹線で通ったり、
病院で人工授精を5回試すなどしていたものの妊娠に至らなかったたそうです。

体の状態を見てみると、からだの冷えがひどく毎月生理の時は、薬が離せないほどでした。
人工授精をしている特に病院から出された薬を飲んでいたら、甲状腺の数値がが高くなりチラジンSも飲んでいました。

体の血液循環の悪い所は、鍼と灸を使って循環を良くしていました。
また、体を温める食べ物、下半身の冷えをとるために家でのケアーのやり方を実践していただきました。
旦那様には体外受精の採卵の時には、東京まで来てもらって受精卵を凍結しました。

一人目は凍結した胚盤胞で妊娠しました。
残った凍結卵子を二人目に使いましたが、うまくいかなかったため、もう一度体つくりをして、採卵しなおしました。そ
の胚盤胞までいった凍結卵子を二人目に使い妊娠されました。

体づくりをすることが妊娠に繋がります。
ほほえみ鍼灸院の鍼・温灸治療は、根本から体の状態を整え、妊娠しやすい体をつくっていきます。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

41歳の方が体外受精で2人目妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている41歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます。

この患者様は、既に採卵し凍結卵子がある状態で移植に向けて着床しやすくするため、ほほえみ鍼灸院にいらっしゃいました。
卵子にはアプローチが出来ませんが、受精卵を戻す子宮内環境は鍼灸で十分対応できます。

自覚症状としては、腰痛と肩こり、汗っかきで熱がりとのこと。

お体を診察すると、
右足が短く骨盤のゆがみがあり、これが腰痛の原因と分かりました。
骨盤が歪んでいれば、当然肩こりもあります。
仙骨~太ももまでは右側がカチカチに硬く、ふくらはぎは両側カチカチに硬くなっていました。
これが、熱がり汗っかきの症状につながっています。
長年の矯正下着とヒールの靴を履いていることが足の硬さの原因と分かりました。
着圧する下着はは血管を圧迫するので血流阻害につながります。

まず矯正下着とヒール靴は控えていただくようお伝えしました。
下半身を血流良くするために、防寒と温活についてお伝えし、冷房環境下での重ね履きや靴下着用、足湯も始めてもらい、できる限りの温活をしてもらいました。
子宮内膜を厚くするために、血液を作るヘム鉄も摂ってもらい血流促進に励んでもらいました。

移植後の過ごし方も「温活と安静リラックス」が大切であることを伝え、心がけていただきました。
鍼灸治療と並行して日常生活でも気をつけていただいたことで、通院開始後2ヵ月目で無事着床し、お腹の中で赤ちゃんは順調に成長しているとのことです。

原因と症状が分かりやすい方で、悪い所である右側を治療をし、
血流阻害要因である矯正下着をやめていただき、温活に励んでもらったことが、早い妊娠につながったと思います。

また大変努力家で、聞いたこと知ったことをすぐに実行に移されていたのも上手くいった要因だと思います。

本当におめでとうございます。
寒い冬がやってきますが、下半身を温かくして、リラックスした時間をお腹の赤ちゃんとともにお過ごしくださいね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ