36歳の方が体づくり後、1回目の体外受精で妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に来られていた36歳の方が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます。

この方は、1回だけ体外受精を受けて、採卵・移植をした翌月にほほえみ鍼灸院にいらっしゃいました。
採卵は分割胚が取れましたが、卵子の成長が遅く2回HMG注射を打って採った卵だったため、移植をすることはできたものの、成長が止まってしまい、うまくいきませんでした。
以前、他の鍼灸院にも通っていましたが、妊娠に至らなかったそうです。
薬の影響を受けやすい体質のため、この時の体外受精から、のぼせ・ほてり症状が強くなり、「まずは体を整えたい」と、当院にお越しになりました。

お話を伺うと、
生理周期が32~33日周期でやや長めであること
生理前の不正出血があること
生理痛が強く、薬を飲まないといられないこと
のぼせ・ほてりが強く、頭痛もあること
基礎体温も高温期が36.5~6℃とやや低めなこと
が分かりました。

お身体を診察すると、
両尻と左の鼠径部、両膝裏が固いことが分かりました。

まずは、骨盤周りの血流が良くなるよう治療を施し、
その後、膝裏をほぐして下半身の血流を促しました。
会社が冷える環境であるとのことで、下半身の重ね着をし、家では足湯をするよう伝えました。

1回目の治療後、寝汗がなくなり、のぼせ症状も軽くなりました。
生理前の不正出血も少なくなり、生理痛も薬を飲まなくて済むようになりました。
足湯や下半身の重ね着など温活も徹底して取り組み始めてくれました。
その後、のぼせ症状、頭痛、不正出血はすぐに解消されました。

妊娠したら出産まで続くように、
『体調が整うまでタイミングはとらない』と言って、
睡眠も夜9時に寝て早起きする生活スタイルに変えてくれました。

細胞の入れ替わり周期はおよそ3か月と言われているため、週1回の治療を継続して通ってもらいました。
その頃になると、生理痛もなくなり、基礎体温もキレイに2層になってきました。
高温期も12日間→14日間になり、高温期の体温も36.6→36.8~に上がるようになりました。
おりもの量もすごく増えてきました。
生理周期も27~30日に整ってきました。

冬の間もタイミングとらず、春になってからタイミング再開すると言って、
慎重に体づくりにしっかり時間をかけてくれました。

その間に、
・血栓体質であること
・両卵管狭窄があること
・子宮内膜炎であること
も判明し、各々の治療を受けて慎重に体を整え、「1回目の体外受精」で妊娠されました。

体外受精に挑む際も、
・注射をやらない、強刺激をしない採卵法にしてもらうこと
・薬の影響を受けやすい体質であること
をお医者さんにちゃんと伝えてもらいました。

採卵後も移植を急がず、寒い時期を避け、とにかく慎重に時間をかけてベストコンディションの時に移植に挑んだことが功を奏したと思います。
また妊娠後も週1回鍼灸でしっかり下半身の血流促進に努めたので胎嚢・心拍の確認を無事取ることが出来ました。

途中、2週間に1回のペースに通うのが落ちた時は、
体を冷やして生理痛が再発したり、風邪をひいたりと体調が乱れたので、しっかり週1回通ってもらうよう念入りにお伝えしました。
生理周期が長くなる時は、だいたいお薬を使用している時が多いので、服用後の症状を記録にとっておいたり、副作用を知っておくことも大切です。

当院の治療は、独自の温灸法で全身に治療を施すことが出来ます。
1回の治療で効果が出やすいのも特徴の1つです。
妊活を始める上で何から取り組めばいいのか、鍼灸院にはどういう時に通えばいいのか、など
ご不明な点やご相談などありましたら、お気軽にご連絡ください。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

37歳の方が自然妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に来られていた37歳の方が自然妊娠されました。
おめでとうございます。

この患者さんは、以前にほほえみ鍼灸院に来られた患者さんからのご紹介でいらっしゃいました。
1人目のお子さんを出産された後、次のお子さんを望んで1年間タイミングを取っていました。
お仕事もやめてストレス軽減に努めていらっしゃいましたが妊娠に至りませんでした。

お体を診てみると、左股関節周辺がカチコチに固まっていることが分かりました。
また、足先の冷えがありました。
1回目の治療では、固まっている股関節周りを緩める治療を施し、骨盤の歪みを整えていきました。
2回目の治療の来られた時に、「足が冷えにくくなった」「やる気が湧いてきた」「だるさがなくなった」とおっしゃっていました。

婦人科検査も受けていただき、ポリープや筋腫、嚢腫がないことも分かりました。
おりものもちゃんとあり、タイミング回数も2~3回とっている様子でした。

そして話を詳しく伺うと「排卵前のおりものはあるが排卵検査薬と合わない」ことが分かりました。
排卵検査薬の場合、LH(黄体形成ホルモン)の上昇で陽性か陰性か分かりますが、LHの上昇のスピードによって排卵日の見極めが難しいです。
おりものは排卵日が近づくと量が増えてくる特徴がありますので、体に起こる症状が一番正確であることをお伝えしました。

おりものと排卵日の関係について詳しくはこちらの記事をご参照ください。
おりものから排卵日を推測する
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=789

この方の場合、左股関節周囲が固いことで骨盤が歪み、下半身の血流が悪くなっていたこととタイミングをとる時期の見極めが大きな問題となっていたようです。

また、普段の生活で下半身を冷やさぬよう、ズボンを3枚履きにしてもらい防寒を徹底してもらいました。
足湯と湯船も毎日していただくようお伝えしました。

その後タイミングを3回とっていただいた後、自然妊娠されました。

この患者さんは鍼灸治療は初めて受けたとおっしゃっていましたが、カチコチにこわばっていた左股関節周辺をほぐしたことによって血流が好循環になり、良い結果につながったと思います。
私たちのところへ治療に来てくれて良かったと思います。

妊活の知識については、ブログ「ほほえみ通信」にて紹介しています。
ぜひこちらも読んでいただき、早い妊娠につながれば嬉しいです。
http://kodakara.hohoemi-baby.net/

お悩みご相談などありましたら、お気軽にご連絡くださいね。

生理が止まっていた36歳の二人目不妊の方が自然妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている36歳の患者様が二人目のお子さんを自然妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は一人目のお子さんの時も鍼灸治療をしてから妊娠されました。
私たちのところに来られた時はお母さんが癌で入院しており、
そのことによるストレスで生理が止まった状態でした。
病院で注射やクロミッドを飲んでいたけれども妊娠には至らなかったため、
ほほえみ鍼灸院に鍼灸治療にお越しになられました。

お母さんの病気のこともあってストレスもある上に、仕事も忙しく、
多能胞であったり、体温も低体温で基礎体温のグラフもきんちんと二層に分かれていませんでした。
けれども、しっかりと1週間に1度通って治療を行うことで、自然に妊娠されました。

二人目は授乳をやめてから3ヵ月経ってからお越しになられました。
今回は仕事が忙しく、食bでのストレスがあって排卵がない状態で、生理も止まっていました。

仕事を変えることでストレスを解消し、二人目を授かるためまた1週間に1度まじめに治療に来てくださいました。
そのうちに生理が始まり、おりものも分かるようになりました。
足湯や半身浴、タンパク質多めの食事もとってしっかり妊娠に向かって歩んでいきました。

二人目の妊娠は1回目より時間はかかりましたが、自然に妊娠されました。

ストレスで生理が止まってしまうことはよくあるので、できることならばストレスを軽減する努力も必要です。

この方のように仕事を変えるのもいいですし、自然の中に入ることもストレス解消になります。
またダイエットも生理が止まってしまう原因となります。
ダイエットするならお子さんが授かってからにしましょうね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

卵管が詰まっていた28歳の方が体外受精で妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている28歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は結婚4年目が経過し、タイミングをとっても妊娠には至りませんでした。
病院で診てもらうと、右の卵管が詰まっていて、左の卵管も詰まりぎみだったため体外受精を選択していました。

1日でも早く赤ちゃんが欲しいと強く望んでいました。
まだ鍼灸治療を始めて3回目くらいに体外受精をして採卵したけれども、6日目の胚盤胞しか採卵できませんでした。

体を診てみると、冷え性でお腹、お尻が冷たく腰痛もありました。
また、生理前に体がむくみ、月経周期もまちまち、そして子宮内膜炎もありました。

しばらく鍼灸不妊治療を続けることで、子宮内膜炎は治っていました。
これには、ご本人もびっくりしていました。
けれども、鍼灸治療で血流を完全することで治せるのです。

また、風疹の予防接種もしっかり受けていただきました。
1回では免疫ができなかったので、2回予防接種を受けていました。
予防接種を1度受けると2ヵ月は移植はできないので、その間しっかり鍼灸治療に通い、体の悪いところを治していきました。

毎年1年に2回は腸炎を起こしていたそうですが、治療受けてからは風邪ひとつひかなくなりました。
半年かけて体を整えてから、改めて採卵をしてもらうと、5日目の胚盤胞が2個採卵でき、凍結することができました。

次の周期に移植をして妊娠されました。
しっかりと時間を取って体を整えたことで良い卵子が体の中で育ち、妊娠に至りました。

20代だからといっても1度目の時のような状態の悪い卵子では妊娠には至りません。
1週間に1度、半年間通っていただいて体の状態をしっかり整えたことで、良い卵子が育つようになり、妊娠することができました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

体外受精が何度もうまくいかなかった39歳の方が鍼灸治療後妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている39歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は一人目のお子さんも体外受精で授かりましたが、その後5年間お子さんに恵まれませんでした。
どうしても二人目が欲しくて、鍼灸治療に来られる前には、強い刺激の病院で採卵を何度も繰り返していました。
漢方薬も飲み他の鍼灸院にも治療に通っていましたが、妊娠には至らなかったためほほえみ鍼灸院にお越しになられました。

「二人目の子どもを持ちたい」という強い望みをもって、しっかりと1週間に1度きちんと治療に通って下さいました。
鍼灸治療で下半身の血行も良くなった頃、刺激の少ない病院で採卵してもらいました。
刺激が少ない病院での採卵だと成熟卵が2個か3個採れればいいのですが、この方は5個採れたそうです。
1個は分割胚での移植でしたが、それはうまくいかず、凍結卵子の胚盤胞を移植したところ妊娠されました。

病院での採卵法もいろいろあるけれども、年齢が高い方や残っている卵子の数が少ない場合は良い卵子をご自分の体の中で育てることが1番大切なことなのです。
採卵できる卵子の数ではないのです。

体外受精を何度か繰り返してもお子さんが授からない方、流産を繰り返す方などは温灸鍼灸治療をお試しくださいね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

生理が1度も来なかった20代の方が妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている20代の患者様が自然妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は中学生の時から医師になることを目指してがんばって勉強をしており、その頃にダイエットをしていたこともあって、心身のストレスから生理が来なくなっていました。

大学生にり、同じ学部の男性と恋愛をし、結婚をすることになりました。
けれども生理がないので当然排卵もしていませんから、妊娠が出来ない状態でした。

東北から新幹線でほほえみ鍼灸院に治療に来てくださっていました。
けれども国家資格を取得してからは忙しくなってしまい、通院する時間が取れなくなってしまったため、こちらのブログで紹介しているようなことを日常生活でも実践してもらいました。
しっかり下半身をあたため、妊娠に必要なツボをお伝えし、食事指導もいたしました。

そうしてしっかり体づくりをしてから病院に通っていただいたので、割と早めに妊娠することができました。

遠方からほほえみ鍼灸院似通っていただき、そしてこうしてうれしいお知らせをご連絡いただきうれしかったです。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

夜勤があり不規則な生活だった33歳の方が妊娠しました


今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている33歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は1年タイミングをとり、病院にも通って人工授精を3回行い、
その時にHMGの注射と薬を飲んでいたけれども、妊娠には至りませんでした。

左の卵管が通りずらく、生理痛もあったそうです。
夜勤が月に4〜6回あるお仕事をされており、不規則な生活を送っておられました。
AMHの数値は年齢相応だったけれども、不規則な生活が原因で排卵が安定していませんでした。

鍼灸治療を施すと同時に、食生活や生活習慣の改善を指導させていただきました。
毎日少量のレバーを食べ、足湯、半身浴を実践するようお伝えしました。

夜勤があったりご主人さんも忙しくタイミングをとるのが難しそうだったので、
鍼灸治療と生活習慣の改善である程度体が良くなった時点で、低刺激病院での体外受精にすすみました。

2回妊娠したけれども、
夜勤と仕事内容が厳しく流産をしてしまいました。
移植後は夜勤を1か月1日くらいに少なくするよう、勤め先の上司に相談をしてもらいました。
そうして妊娠を継続することができました。

以前ほほえみ鍼灸院に治療に来られていた患者さまで介護の仕事をしている方がおらっしゃいました。
毎日施設の入所者をお風呂に入れるという重労働をしていたため、流産をしてしまいました。
妊娠すると人を抱えるような仕事をされるのは継続が難しくなります。
一旦仕事をやめていただき、治療と生活習慣の改善をこなうことによって妊娠、出産となりました。

ハードな仕事をされている方で、なかなか妊娠に結びつかない方は
一度仕事についてしっかり向き合う必要があると思います。
仕事はいつからでも再スタートできますが、女性が妊娠できる期間にはリミットがあります。

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

二人目不妊の39歳の方が妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている39歳の患者様が二人目のお子さんを妊娠しました。
おめでとうございます。

この方は移植後に1度だけ治療にお越しになられました。
上に1歳2ヵ月のお子さんがいて育休中でした。

体を診てみると、腰痛、肩こり、首こりがありました。
鍼とパルスを施し、後から温灸をして体全体の体温を上げて、着床しやすくしました。

そして、無事妊娠したとの報告をいただきました。

移植前、移植後にも鍼灸治療は効果があります。
ご相談ください。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

鍼灸治療で二人目も授かりました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている患者様が二人目のお子さんを妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は1人目のお子さんの時も病院に通ってたけれども、妊娠には至りませんでした。
はじめてほほえみ鍼灸院に来られた時は33歳。
血液検査をしても全く異常はな買ったにもかかわらず、不妊歴も3年でした。

体を診せてもらうと下半身の血行が悪く、むくみがありました。
そして、基礎体温も高温期が低く、低温期との差があまりない状態でした。
また生理痛もひどくて、いつも鎮痛剤を飲んでおられました。

呼吸も浅く典型的な疲れやすい体でした。
鍼灸治療は初めてだったこともあり、はじめは少し軽い治療から始めていきました。
慣れたころには強めの治療をしても体のだるさは出なくなりました。
そして、体温も高温期が37,0くらいまで上がるようになりました。
体温も安定し生理痛もなくなったところで、前とは違う病院で体外受精をして1人目のお子さんを妊娠そして無事出産されましたされました。

一人目を出産してから1年5ヶ月経ち、二人が欲しいということでまた当院にお越しになられました。
以前と同じように鍼灸治療でしっかり体つくりをしてから、一人目のお子さんが授かった低刺激の病院に通い妊娠されました。
二人目は以前よりも早くスムーズに妊娠されました。
一人目の時に体をしっかりと治したことと、出産してからも下半身を冷やさなかったことが良かったのです。

卵子が育ちにくい方やいい卵子がとれない方は、基礎体温の高温期が低かったり、低温期との差があまりなかったりします。
生理痛がきつい方というのは、下半身冷えが影響しています。
しっかり下半身をあたため、ケアーをしましょうね。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

冷えがひどかった34歳の方が自然妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている34歳の患者様が自然妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は半年後に結婚を控えている時にほほえみ鍼灸院に不妊治療に来られました。
生理不順と冷えがひどく、特に手足と腰回りが冷え切っていました。

骨盤もずれていて、足の長さも左足の方が1センチ長くなっていました。
骨盤がずれていると下半身の血流が悪くなります。
このずれは1回目の治療で治しました。

体の血行の悪い部分に鍼とパルスを施した後、温灸治療をして下半身に血液がまわるようにしました。
鍼灸治療で生理痛も軽くなり、腰回りや手足の冷えもなくなりました。

ご自身でも温活をしっかりするようお伝えし、下半身を徹底的に温めてもらいました。
シャワーだけでなくお風呂につかり、職場でも電気座布団とフリースの毛布を巻いて冷えから体を守りました。
そうしているうちに自然妊娠されました。

大体の方が下半身が冷えていて、子宮や卵巣に栄養と酸素が不足しています。
夏の間に冷やした生活をしていると冬になって手足が冷えたり、お腹周りが冷えてなかなか妊娠できなくなります。
女性は下半身を冷やすと後から後悔することになります。
普段から体を温める習慣を身に付けましょうね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ