夜勤があり不規則な生活だった33歳の方が妊娠しました


今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている33歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は1年タイミングをとり、病院にも通って人工授精を3回行い、
その時にHMGの注射と薬を飲んでいたけれども、妊娠には至りませんでした。

左の卵管が通りずらく、生理痛もあったそうです。
夜勤が月に4〜6回あるお仕事をされており、不規則な生活を送っておられました。
AMHの数値は年齢相応だったけれども、不規則な生活が原因で排卵が安定していませんでした。

鍼灸治療を施すと同時に、食生活や生活習慣の改善を指導させていただきました。
毎日少量のレバーを食べ、足湯、半身浴を実践するようお伝えしました。

夜勤があったりご主人さんも忙しくタイミングをとるのが難しそうだったので、
鍼灸治療と生活習慣の改善である程度体が良くなった時点で、低刺激病院での体外受精にすすみました。

2回妊娠したけれども、
夜勤と仕事内容が厳しく流産をしてしまいました。
移植後は夜勤を1か月1日くらいに少なくするよう、勤め先の上司に相談をしてもらいました。
そうして妊娠を継続することができました。

以前ほほえみ鍼灸院に治療に来られていた患者さまで介護の仕事をしている方がおらっしゃいました。
毎日施設の入所者をお風呂に入れるという重労働をしていたため、流産をしてしまいました。
妊娠すると人を抱えるような仕事をされるのは継続が難しくなります。
一旦仕事をやめていただき、治療と生活習慣の改善をこなうことによって妊娠、出産となりました。

ハードな仕事をされている方で、なかなか妊娠に結びつかない方は
一度仕事についてしっかり向き合う必要があると思います。
仕事はいつからでも再スタートできますが、女性が妊娠できる期間にはリミットがあります。

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ