42歳の患者様が体外受精で妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている42歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は2回の胚移植をされて妊娠できなかった為、3回目の移植の前にほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療に来られました。
1回目の胚移植では7週目で成長が止まり、2回目の移植では着床したもののHCGが低くて継続出来なかったそうです。

体を診てみると、ふくらはぎに浮腫みがあり、下半身の血流が悪いために子宮の血流も悪くなり、妊娠が継続出来なかったよう鍼灸治療により下半身全体、子宮の血流も良くすることで治療後の移植で無事妊娠されました。

移植の当日にパルスを併用した鍼灸治療をすることにより子宮への血行が大きく高まり、とても着床し易くなります。
なかなか着床できない方は、当日に鍼灸治療を受けてみて下さい。
卵子が良くなく胚盤胞になりにくい方でも少し時間をかければ強い卵子が育つようになります。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ