HCGの数値が低い患者様の無事赤ちゃんが育っています

移植してからHCGが低い数字の方がいました。
HCGとは、妊娠が成立すると分泌されるようになる糖タンパク質のことで、一般的に移植から一週間目の数値が50あれば出産までいくことが言われています。
けれども、この方は8という数値だったため、また一週間後に再検査といわれていました。

これまで私たちが治療させていただいていた患者さんで、HCGの数値が低くても無事出産できた方はいらっしゃいましたが、それでも10は超えていました。
この方が鍼灸治療に来られるたび、ドキドキしながら声掛けをさしていただきましたが、今では10周期も超え、お腹の中の赤ちゃんの大きさも順調で育っています。

長く鍼灸治療されていたこともあり、子宮の入り口に血腫がありましたが、温灸治療で体の中に吸収されています。
しっかり鍼灸治療された方は、HCGが低くてもお腹の中で赤ちゃんが育ちます。
お試しくださいね。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ