卵管が両方詰まっている36歳の方が体外受精で妊娠しました

baby

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている36歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は両方の卵管が詰まっていたので、体外受精をするために体を整えにほほえみ鍼灸院へお越しになられました。
生理痛もひどく、経血にもレバー状のかたまりがあるようなので体を温めてもらい、食事指導、運動などをしてもらいました。

鍼灸院治療を進めていくうちに、生理痛もなくなり生理周期も37日から30日で来るようになり、経血にもかたまりがなくなったので、1回目の採卵をしてもらいましたが、クロミッドが合わず病院を変えました。

新しい病院では何も使わない自然採卵をして、たまたま2個卵子が採れました。
もし自然妊娠していたら双子になっていたかもしれませんね。
「1回目の移植がうまくいけば、2つめの卵子を胚盤胞で凍結できれば双子になる予定の卵を何年か先に生んであげればいいですね」と話していました。

本当にそうなる可能性がでてきていて、嬉しいかぎりです。
多くの薬を使うより自然採卵されたことで質の良い卵子を新鮮胚移植し、無事妊娠そして心拍確認となりました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ