生理不順、むくみ、めまい、冷えのぼせのひどかった方が自然妊娠しました。

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている20代の患者様が自然妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は27歳の時にほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療に来られました。
月経周期が38日~42日とバラバラで、生理中でも36.8℃から37.0℃あり、めまい、ひどいムクミ、冷えのぼせがあり、肩こりや腰痛もありました。

特にふくらはぎが硬く下半身の冷えが強く、排卵してない月もあるようでした。
今までの状態では妊娠は難しいと感じましたが、
1週間に1回しっかりと治療に通っていただき、体の状態を整えていきました。
1年半ほどかかりましたが、自然妊娠することができました。

妊娠した後も体調も良く継続されています。
出産までしっかりサポートさせていただきたいと思います。
こういう症状の方は、体の状態を整えることをしなければ、たとえ体外受精をしても、まず妊娠は難しいと思われます。
またもし妊娠しても継続が難しいのです。
妊娠するためには、毎月28日から30日くらいで生理が来て生理痛もなく、毎月排卵していることが大事です。

ほほえみ鍼灸院では、病院だけの治療では妊娠までは難しい方の治療も行っています。
体調が悪く、体のあちらこちらの血流の悪さを鍼灸治療でしっかり治していきます。
そうすることで体調も良くなり妊娠しやすい体つくりを目指していますの。
安心して受けてくださいね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

排卵誘発剤を10ヶ月飲んでも妊娠しなかった40歳の方が妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている40歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は病院でクロミッドを処方され、1周期に1日1錠を5日間の服用を10ヶ月続けたけれども妊娠せず、ほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療にお越しになられました。

腰痛が10年前からあり、高温期が36.5℃と低く、足のふくらはぎを触ってみたらパンパンに浮腫んでいました。
詳しく尋ねてみると、重いものを持ったり素足にならなければできない内容の仕事をされていました。
それによって浮腫みや腰痛があったようです。
妊娠に向けて、その後お仕事も変えられたようです。

鍼灸治療を続けていくうちに体温も安定し、足の浮腫みも取れてきました。
そのタイミングで低刺激の体外受精の病院に行っていただきました。
新鮮胚はだめでしたが、胚盤胞移植3回目グレードCで妊娠されました。
心拍確認でき11週が経過し、こちらでご報告させていただきます。
不安もいっぱいあったとは思いますが、頑張られて本当に良かったです。
この方のように仕事を持ちながら妊娠までいくのは、大変なことも多いと思います。
けれども、先で「頑張ってよかった」と思う日が来ると信じ、希望を捨てないで頑張りましょうね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

結婚5年目の36歳の方が体外受精で妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている36歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は鍼灸治療をする前は、とある大学病院に通っていて、クロミッドを5〜6回使っていました。
子宮卵管造影検査は問題なく、ご主人の精子検査も問題ありませんでした。
これから体外受精をしたいということで、ほほえみ鍼灸院に来られました。

月経周期も25日と短く、高温期が短く生理痛もありました。
また手足の冷えがひどく、肩こり、腰痛もありました。
大学病院の不妊治療では薬をたて続けに使っていましたので、しばらくは鍼灸治療をして、しっかり体つくりをしていきました。

仕事場も寒いので足湯をしていただきました。
また食生活や睡眠時間など、生活習慣も見直していただきました。
タンパク質多めの食事を摂るよう心がけ、以前は午前1時半に就寝していたそうですが、12時前には就寝するようにしました。
そして、仙骨にカイロ、下腹にもカイロを貼り、体も徹底的にあたためていただきました。

そうして体が整ったところで低刺激の病院で採卵し、妊娠しました。
7週目心拍確認できたとご報告をいただき、嬉しく思っています。

ほほえみ鍼灸院では、現在多くの患者様が妊娠されています。
治療期間は6ヶ月から長い方で2年という方もいらっしゃいますが、
長い期間掛かった方は初めに病院で強い刺激の薬を使ったため卵巣が弱り、受精卵ができなかったのです。
でもそうした方も、時間をかけて体を整えていくことで、妊娠されています。

継続して来ていただくことで、確実に体は妊娠しやすい体へと変わっていきます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

AMHの値が0.5だった36歳の患者様が体外受精で妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている36歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様はAMHの値が0.5と低く、月経周期が短く7センチの子宮筋腫があったため手術をしていました。
また生理痛もあり薬も服用していました。
週に2日の仕事にも、通勤に2時間半かけて行っていました。

体を診せていただくとひどいムクミありました。
子どもの頃からいつもだるいくて疲れやすく、虚弱な体質のようでした。

また22歳の時に、卵巣が破裂したこともあるので卵子の数が少ないかもしれないと言っていました。
この時は手術で治したようです。

鍼治療より温灸治療を主にして治療していくうちに、むくみが取れました。
この時期に勤めている会社で健康診断があり測定すると身長が3センチ伸び、体重が2kg減り筋肉量が多くなっていたそうです。
むくみがあったり腰痛がある症状のある方は、鍼灸治療を施すことで身長が伸びたり体重が減ることはよくあります。
しばらくして、初めて低刺激の病院で採卵をしました。
新鮮胚移植をしてHCGが300でたけれども、通勤時間の長さや仕事で疲れたが出てしまい途中で成長が止まってしまいました。
そこで「もう少し時間をかけて体を治してから病院には行きましょう」とお伝えし、その後ご自身から仕事を辞めて体づくりに専念しました。

クロミッド、セロフェン、フェマーラと変え採卵しました。
空砲の時もありましたが薬をフェマーラに変え1個ではありましたが、5日目の胚盤胞になり移植しました。
HCG79,8、2週間目で心拍確認できましたので、こちらでご紹介させていただきました。

遠いところにお住まいだったにもかかわらず信じて通っていただき本当にありがたいですし、
妊娠され嬉しい気持ちでいっぱいです。

不妊治療は妊娠するのが目的ではありますが、
生まれた後も母体が元気でなくては生まれた赤ちゃんやご主人も幸せとはいえないと思うのです。

鍼灸治療は根本から体を元気にすることができるのです。
子どもの頃から虚弱だったといわれていた方も、妊娠され元気にお子さんを育てることができるのです。
ほほえみ鍼灸院を卒業された患者さんから、出産育児の様子をお知らせいただくお電話をいただくと、いつも嬉しい気持ちでいっぱいになります。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

内膜症のあった33歳の方が妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている33歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は結婚して6年目の方で夜勤がある仕事をされていたのですが、
赤ちゃんを望むようになってからはパートに変えて、体外受精をされていました。

鍼灸治療をはじめる以前に2回移植をされていましたが、
1度目HCG32、2度目が4という数字で
妊娠が持続できなかったため、ほほえみ鍼灸院に不妊治療にお越しになられました。

体を診せていただくと、冷え、肩こり、腰痛もありましたし、月経期間も3~4日と短く、体調も良くありませんでした。
鍼、パルス、温灸治療をすすめていくと、黄体ホルモンが上がり体調も良くなっていきました。

体の状態が整い移植を行ったところ、
胎嚢確認ができ心拍確認もできたとご報告をいただきました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ
にほんブログ村

ひどい肩こり、腰痛のあった34歳の方が自然妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている34歳の患者様が自然妊娠しました。
おめでとうございます!

この方はひどい肩こり、腰痛がありました。
また生理前「背中、腰が固まる感じがする」とおしゃっていました。

けれども生理が27〜28周期できちんと来ていたので
生理前症候群の治療をし、足湯や半身浴を行い、
普段の服装でも冷やさないように気をつけてもらいました。
食事は動物性たんぱく質を普段より多く摂ってもらい、12時前には就寝して体調を整えていただきました。

旦那様の検査でも精子の運動率も問題なかったとのこと。
AMHが年齢より低かったので、しばらくタイミングをとってもらい、
様子を見ることにしましたが自然妊娠されて良かったです。

責任のある忙しい仕事をされていたけれども、仕事場の人に妊娠したことを早めに話すことで仕事を軽減してもらうことができたとおっしゃっていました。
理解のある職場で本当に良かったです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

すごい冷え性の34歳の方が自然妊娠しました

baby

 

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている34歳の患者様が自然妊娠しました。
おめでとうございます!

この方は子宮にポリープがあり、すごい冷え症があるとおしゃっていました。
また低温期が低く35.8度くらいで、生理痛も生理前症候群もありました。
妊娠の敵である冷え、肩こり、腰痛もありました。

まずは体温を上げるため温灸と鍼を使って体の血流を良くし、
また生活習慣を変えていただきました。
そして動物性タンパク質多めに食べてるよう指導させていただき
毎日できる限りレバーを食べてもらいました。

レバーは少量を毎日とることで、卵子の質が良くなります。
レバーは鶏、豚、牛どのレバーでもけっこうです。
量としては鶏レバーだと毎日1本を目安に、旦那様と奥さん食べていただければ良いと思われます。
レバーを毎日とることで、旦那様の精子の運動率も上がります。

このは鍼灸治療に15回通われました。
旅行から帰ってきて妊娠していることに気がついて病院に行かれたそうです。

この患者様もそうですが、ほほえみ鍼灸院に来られる多くの患者様がお仕事を持っておられます。
でもやはり女性にとって妊娠は一番大切な時間になると思いますので、
妊娠を目指す人は仕事のやり方を変えなければならないこともあることをご承知しておいてくださいね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

34歳の方が体つくりをして初めての体外受精で妊娠

baby

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている34歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様はタイミングを2年間とっていたけれども、赤ちゃんに恵まれずお越しになられました。
体温も全体的に低く、生理日数もバラバラで、左の卵管も詰まっていたので
鍼灸治療や日常生活の改善をしっかり行うことで体の状態を整えてていきました。
オフィスでは電気座布団と足元にも電気で足元を温め、フリースのひざ掛け、朝の足湯もやっていただきました。
ひどい冷え、肩こり、腰痛もありましたが、治療をすすめていくうちに全部なくなりました。

そして、低刺激の体外受精専門の病院で、新鮮胚移植をして妊娠しました。
新鮮胚移植は成功率20%と言いますが、この患者様は1回目で無事妊娠することができました。

タイミングを取っていた時にも病院には通っていたけれども、薬類はまったく使っていなかったことも早く良い結果につながったのだと思います。

まずは体つくりをし、卵子の質を上げることが妊娠しやすい状態になるのです。
卵子の質を上げるには体づくりが必要です。
最近では43歳になる患者様も、低刺激の病院で体外受精をされ、妊娠されています。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

結婚4年目の38歳の方が妊娠されました

baby

 

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている38歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は自己注射を行う体外受精の病院で、1度採卵をして3個採れたけれどもすべて使うことができず、その後すぐ採卵するよう病院の先生にすすめられたため不信感がつのり、「何か他の方法があるのではないか」とほほえみ鍼灸院にお越しになられました。

この時家族の方が病気だったこともあったので、お子さんのことや家族のことなどで精神的にまいっている状態でした。
体を触ってみると冷え、左側の肩こり、腰痛、膝に痛みもありました。
仕事も管理職の仕事をされていたので、とても忙しいようでした。

食べ物や寝る時間、体の温め方などに注意して、鍼灸治療も1週間に1度は通っていただきました。
さまざまなストレスも抱えておられましたが、いろんな話をしているうちに落ち着きを取り戻していきました。

こちらが紹介させていただいた低刺激の病院で採卵し、新鮮胚では着床しませんでしたが、胚盤胞まで育ててもらった受精卵を移植し妊娠し、心拍確認できました。

多忙で少し鍼灸治療をお休みされていた時期もありましたが、根気強く治療に通い生活習慣を変えていただいたことが良い結果につながってよかったです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

結婚6年目41歳になる方が体外受精で妊娠しました

baby

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている41歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は高温期が7日しか続かず、黄体機能不全で病院に通っていました。
仕事も忙しく漢方薬を飲み接骨院にも通ってはいましたが、それでも腰痛、冷え、黄体機能不全も良くならなかったようです。

卵子の質を上げるために、鍼灸治療をしばらくの間1週間に1度通っていただきました。
毎日少量のレバーを食べてもらい、半身浴も毎日続けていただき早めに就寝し、冷たいものを摂るのをやめていただきました。

初めて行った体外受精の病院が、分割胚で移植をする病院だったので、胚盤胞で移植をする低刺激の病院に通っていただき移植したところ妊娠されました。

分割胚での移植は胚盤胞に比べても着床率が低いので、病院を変わったことがよかったようです。

また、仕事が忙しい時期には内膜が6ミリしかありませんでしたが卵子の質も良く、判定日のHCGも87ありました。
つわりもなく順調に育っています。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ