サーフィンで冷えていた37歳の方が妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている37歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます!

この患者様は忙しい仕事されていて、休みが決まっていないうえ、仕事が終わる時間もまちまちでした。
1週間に1度不妊鍼灸治療に通うのに苦労されていましたが、時間を作って通われました。
またサーフィンを長くされていたため、筋肉が冷えてパンパンに張っていました。

タイミングを2年とっていたけれども妊娠はせず、卵管も片方詰まっていたため、体外受精を含めて検討されていました。
またFSHが63も上がっていました。

ここまで上がると体外受精をしても妊娠は難しいので、できる限り休みやすい環境を整えることも重要になります。
鍼が苦手ということで、温灸のみの治療で浮腫みや冷えを取りくことで、1度自然妊娠しました。
けれども仕事が忙しかったため流産してしまいました。
そこで仕事の内容を事務に変えてもらい、妊娠することに専念されました。

事務の仕事に変えてからは、冬には電気座布団をしてもらい、毎日少量のレバー、テニスボール指圧、足湯などをしていただくとともに、鍼灸治療でしっかり体つくりをしてきました。

この患者様は2年間通っていただいて、体外受精をして妊娠されました。
5日目の胚盤胞でHCG50弱出て、心拍確認し順調に育っています。

健康のためにプールで通っている方もいますが、妊娠するためにはサーフィンやプールなどは控えてましょう。
ウオーキング30分くらいにしてもらったほうが、妊娠しやすくなります。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

6日目の胚盤胞、Dランクを移植した42歳の方が妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている42歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます!

この方はとても忙しい仕事をされていて、体が冷えてふくらはぎがひどく浮腫んでいました。
ご本人はずっとこの浮腫んだ状態が普通だったので、体が悪いとは思っていないようでした。

ハリとパルスと温灸、指圧をしてふくらはぎの浮腫みを取り除き、冷えやすい体を循環の良い体質に変える治療を行いました。
すると、パンパンだったふくらはぎが柔らかくなり、体全体の血行もよくなっていきました。

お仕事が忙しいことに加え、ご実家で身内の不幸があって生理が飛んこともありましたが、鍼灸治療は休まずきちんと来てくれていました。

体の状態を整え、5回ほど採卵し、6日目の胚盤胞、Dランクを移植し、妊娠しました。
HCGが31.1と低めだったけれども、妊娠後も温灸治療に通っていただき、心拍確認もでき9週を超えて赤ちゃんも標準の大きさになりました。

実は今回の妊娠前に5日目の胚盤胞を移植してうまくいかなかったのですが、今回はDランクで6日目だったにもかかわらず妊娠されました。

やはり子どもは授かりものだと思いました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

34歳から採卵を15回もしていた39歳の方が鍼灸治療によって妊娠

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている39歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます!

この方は34歳の頃から15回も採卵を繰り返していました。
そして3回移植をしたけれどもうまくいかず、紹介でほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療にお越しになられました。

そして新しい病院に行って体の状態を診てもらうと、卵巣嚢腫があり子宮筋腫、子宮内膜症もあることが分かりました。
この方が通っておられた以前の病院のように、子宮内膜症や子宮筋腫を見つけ出すことが出来ない病院もありますので、しっかりとした先生のいる病院にかかってください。

子宮筋腫は手術をして除き、体づくりのためにしっかり時間をいただくようお伝えしました。
鍼灸治療で体の血行の悪い部分を取り、食べ物を見直し、寝る時間も早めにして、入浴法も変えるなど生活習慣も改めていただきました。
また、体重も少し増やしてもらいました。

そして、体に負担がかからない優しい方法で採卵してくれる病院で採卵し、Aランクの受精卵が採れ、移植しました。
HCGが28,2でしたがと、5週と4日めに胎嚢も見え、HCGが3270に増え、7週2日めで心拍確認できました。

忙しいお仕事をされている方ですが、HCGが低かったため、移植後も温灸治療に通っていただきました。
また仕事の量も減らしていただき、少し安静にしてもらいHCGを増やしていきました。
HCGが低めに出た場合は、温灸をして安静にすることがいいと思われます。
最近もHCGが8の方がいましたが、順調に育っています。
https://hohoemi-baby.net/case/2018/08/12/

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

胚移植で5回陰性の40歳の方が鍼灸治療後1回で妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている40歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます!

この患者様は体外受精で2回の採卵、5回の胚盤胞移植をされても妊娠することができず、ほほえみ鍼灸院に不妊治療にお越しになられました。
以前、当院で治療して自然妊娠された方からのご紹介でした。

体を診てみると股関節から大腿部にかけてかなり浮腫みがあり、それが下半身の血流を悪くしているのが解りました。
このような浮腫みは本人は太ももが太っているのだと思っていますが、実は浮腫んでいるだけなのです。
そしてその浮腫みがそ子宮、卵巣への血流や下半身の代謝を悪くしてしまっていて、強い卵子が育たなくなってしまっているのです。

このような体の状態は病院の検査では分かりません。
そしてその状態で体外受精を何回行っても妊娠することは極めて難しいです。

遠方にお住まいで通院するのが大変だったと思うのですが、熱心に通院してくれました。

鍼灸治療で慢性的な浮腫みで血流を悪くしている所を治療しました。
その後の1回目の胚移植で無事妊娠され心拍も確認できました、、おめでとうございます。

・お尻、太ももが上半身に比べて太くやせない
・いつも足の裏に汗をかいて冷えやすい
・基礎体温が高温期でも36.6以下
・汗をかきにくい、代謝が悪い
・慢性腰痛がある

このような症状のある方は病院の検査だけでは見つからない妊娠しにくい原因がある方が多いです。
ですので、一度東洋医学的な検査もされると良いと思います。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

クロミッドとリファストンを服用してても妊娠しなかった38歳の方が妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている38歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます!

この患者様は結婚4年目。
病院に7ヵ月通いってクロミッドを5日間、リファストンを10日間服用しても妊娠されなかったので、ほほえみ鍼灸院にお越しになられました。

黄体機能不全、子宮腺筋症もあってロキソニンも飲んでいました。
また右卵巣に嚢腫もありし、AMHも1.3と低い状態でした。

初めて治療に来られた時には36歳で月経時の経血が減ったと感じていました。
夜勤のある忙しい仕事もされていたためタイミングがとりにくいこともあり、
時間をかけて体を治し、体外受精に挑みました。

はじめに低刺激の体外受精の病院で採卵しましたが新鮮胚はうまくいきませんでした。
その後も鍼灸治療を続け、時間をしばらくおいてまた病院で採卵し移植しました。
そしてEランクの胚盤胞を移植したところ、HCGが8でました。

大体移植から7日目でHCGの数値が50以上あればまず出産までもっていける数値と言われています。
よって8という数値を見て、病院でも「出産までいける確率は3%」と言われたそうです。

けれども心拍確認でき、赤ちゃんの大きさも10周期の標準の大きさまで育っています。
私たちも多くの患者さんを診ていますが、こんな症例は初めてだったので、とても感激しています。
「赤ちゃんは授かりもの」だと改めて感じました。

妊娠がわかってから、お仕事もお休みなさっています。
そして、子宮の入り口に血腫があるようなので、今も1週間に1度温灸治療に通っていただいています。

血腫は時々妊娠初期に起こりうる症例ですが、これまで温灸治療を続けて1度も破裂してダメになった方はいません。
温灸をして血行を良くしたら、体の中に吸収されていきますので問題はありません。

元気な赤ちゃんを出産をするまで、しっかりサポートさせていただきたいと思います。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

FSHが80だった35歳の方が体外受精で妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている35歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます!

この患者様は27歳の時に左右両方の卵巣を卵巣嚢腫で手術をしていました。
また片側の卵管が詰まっていてました。

大腸が硬く、いつもコロコロ便でストレスを抱えている状態のようにお見受けしました。
通常10以下が正常とされるFSH(卵胞刺激ホルモン)の値も高く80あったこともあり、体外受精にすすむためにも、鍼灸治療が必要な体でした。

鍼と温灸をミックスして治療を施しました。
クロミッドが飲めなかったので、エストラーナテープやヂュファストンを使い移植しました。
Aランクの受精卵を移植したところ妊娠されました。
内膜は11ミリあったそうです。
妊娠を継続させるために移植後も治療に通っていただき、先日心拍確認することができました。

この方は今年の3月初旬にはじめてほほえみ鍼灸院に来られました。
これまで体外受精をしていなかったので、鍼灸治療で体の状態を整えやすかったため、早めに妊娠されました。

注射や薬にもよりますが、過去に何度も体外受精をされていますと卵巣が弱って妊娠するまで時間がかかることがあります。

体外受精で高い費用を無駄にし、肉体的・精神的に負担をかける前に、鍼・温灸治療で身体を整えてもらうことで、妊娠できる確率を高めることができます。

こちらのページも是非お読みください。
体外受精で何度もうまくいかなかった方へ
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?eid=304

卵管が両方詰まっている39歳の方が二人目も体外受精で妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている39歳の患者様が体外受精で二人目のお子さんを妊娠されました。
おめでとうございます!

この患者様は一人目のお子さんの時も、ほほえみ鍼灸院で鍼灸治療をされて体外受精で授かりました。
体の冷えがひどく生理痛もひどかったり、チョコレート嚢腫であったり、肩こりは10歳からあったそうです。
体の浮腫みもひどかったです。

以前に通っていた病院では体外受精をしても妊娠には至らず、体つくりをしないと体外受精だけでは妊娠できないと思ったため、時間をかけてしっかり体の状態を整え妊娠できる体をつくっていきました。
しっかり鍼灸治療を施したことで、今まであった症状が良くなりました。

これまで行っていた病院で行っていたクロミッドが体に合わなかったのでより体に負担の少ない自然採卵の病院で採卵しました。
自然採卵で2個卵子が採卵でき、お一人目のお子さんはこの時採れた卵子を1個戻して妊娠されました。

そして、その後一人目のお子さんが、大きくなったのでこの時に残っていたもうひとつを戻し、妊娠にいたり心拍確認の連絡をいただきました。

今は妊娠をしっかり継続するため、しばらく鍼灸治療に通ってもらっています。

一人目のお子さんの時は時間をかけてから体外受精されましたが、今回はすぐ体外受精をされたため、少し赤ちゃんが小さめなのです。
上のお子さんの子育てで大変だと思いますが、できる限り動かないように指導しました。
無事に元気な赤ちゃんが生まれてくれるよう、温灸治療でしっかりサポートさせていただきたいと思います。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

結婚8年目、多能胞の39歳の方のが体外受精で妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている39歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます!

この患者様は1年間婦人科の病院でクロミッドを服用して妊娠を目指していましたが、うまくいかず、ほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療に来られるようになりました。

多能胞で卵子が大きくならず、また子宮にポリープもあったので、手術もされていました。

体温のグラフもガタガタとなっていて、特に低温期は36.0度をきっていましたし、高温期も36.3〜36.7度と上がり下がりが大きく、安定していませんでした。

仕事も忙しくされていて寝る時間も遅く、また仕事の試験を受けないといけないためそのストレスもあるようでした。
こういう時は妊娠は難しく、また1年間服用した薬を抜く時間も必要なので、鍼灸治療と生活週間の改善で体づくりにしっかり時間を取っていただきました。

試験も済み、鍼灸治療を続けることで体の状態も安定してきました。
そして、低刺激の体外受精の病院へ行くことをアドバイスさせていただき、そこで採卵をして妊娠されました。
体外受精も何度かかかりましたが、無事妊娠され心拍確認できたとのお知らせをいただきました。
時間はかかったけれども本当に嬉しく思っています。

この方のように長期にわたって薬を飲んでいた方は、薬を抜く時間が必要になります。
また冷えから多能胞になる可能性もありますので、早めに体を温める方法を実践してくださいね。
妊娠を考えている方は、病院で検査をした後タイミングをはかり、その後人工授精を3回それでも妊娠しなかったら、体外受精に移行しているケースが多いのですが、できれば鍼灸治療を行って、しっかり体つくりをしてからのほうがうまくいきます。

ほほえみ鍼灸院の温熱治療を続けることで、体外受精を何度してもうまくいかなかった40歳以上の方で自然妊娠される方もいらっしゃいます。

体温のグラフがガタガタであったり、多能胞があったり、生理痛がひどい方は体外受精をしても簡単には妊娠しません。
妊活のためには、まずご自分の体のケアー必要です。
「急がば回れ」です。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

多能胞で流産経験がある36歳の方が体外受精で妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている36歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この方は体が冷えていて、子宮筋腫があり手術していましたしていました。
また多能胞でもありました。
鍼灸治療をはじめる前に、レトロゾールを飲んで採卵し、HCGが59でしたが、胎嚢が小さく流産していました。

体を診せていただくと、右足の浮腫みが強く、右足首が悪かったので、ハリと温灸で治療をしました。

浮腫みは老廃物がたまった状態ですので、浮腫みを取らないと良い卵子はできません。
流産後は3回生理を見送って、その間に鍼灸治療で体の状態を整えた後、採卵してもらいました。

その後ご家族の方が体調を崩して入院してしまったので、しばらく休むと連絡をいただきそのままになっていました。
けれども、採卵した卵子を新鮮胚移植をして、着床され安定期になりましたと連絡をいただきました。
連絡いただき、ありがたく嬉しく思いました。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

冷え症の30歳の方が体外受精で妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている30歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は赤ちゃんを望んで2年。
体を診させていただくと、冷えで循環が悪くなっているのがわかりました。
特に両ふくらはぎがパンパンに硬く、むくみがありました。
浮腫みは老廃物が体にたまった状態です。
体に老廃物がたまっていたら、よい卵子は育ちません。

鍼灸治療をして、家では足湯をしてもらい、早めに就寝し、仙骨にカイロ、下腹にもカイロを貼り、仕事場でも冷えないようにフリースの毛布を巻いてもらいました。

ポリープもあったので手術もしています。
冷えがひどくなると30歳と若くても、子宮にポリープができます。
冷えが子宮筋腫や、多能胞、ポリープ、卵管が詰まりを起こします。
女性は冷やしたらダメなのです。

早めに体外受精の病院に行きたい希望はありましたが、このまま体外受精の病院に行っても難しいとお伝えし、しばらく時間をとっていただいて、鍼灸治療で体の中の老廃物を取り除き、循環の良いからだになるまで待っていただきました。

高温期が37.0度まで上がるようになり、低刺激の病院で採卵。
ランク3、7分割で移植しましたが、着床せずその後も2個取れましたが、胚盤胞にはなりませんでした。
今年に入って1つが胚盤胞になり、Aランクで移植しました。

HCGが54、胎嚢の大きさ、6,6ミリ、心拍確認できたとのお知らせをいただきました。
本当によかったです。

若い方でも長期にわたって冷やしていたら、体に老廃物がたまり、良い卵子が育ちません。
これからの季節冷えにはご注意ください。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ