足首、足先が鉄のように冷たかった36歳の方が妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている36歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は妊活のために仕事を辞めて体外受精専門の病院に通っていました。
その病院でHMGを打ち2日後に吐き気、下痢になり、その後生理がなかなか来なくなったり、基礎体温のグラフもガタガタになってしまったため、病院を辞めほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療に来られました。

体の状態を診てみると、血圧も低く、体温も低温期で36.0度、高温期も36.5度と低く、冷えの強いからだでした。
足首や足先はまるで鉄のように冷たく冷えていました。
このままでは体外受精をしても妊娠は難しいので、鍼灸治療をして体の冷えをなくし、体温も全体的に上げるようにもっていきました。

しばらくは人工授精やタイミングをとってもらっていました。
鍼灸治療をしていくうちに高温期が37.0まで上がるようになりました。

その後、自宅の引越しなどがあってからだが疲れているようなので、またしばらく体外受精の病院は休んでもらいました。
体力を使って疲れることをすると、普段FSHが10以下の方でも、12.5まで上がりよい卵子は採れにくくなるためです。

また、以前の病院では風疹の検査もしていなかったので、低刺激の病院に変わってもらい、風疹ワクチンも接種してもらいました。

それから一度妊娠をしたけれどもHCGが低く流産してしまました。

けれども、鍼灸治療や体づくりを頑張っていくうちにAランクの良質な卵子が取れ、5日目の胚盤胞になり移植したところ、HCG88、胎嚢の大きさの12.5と大きめで心拍確認できたとご報告いただきました。

根気強く鍼灸治療に通い、ご自身でも冷えとりや体づくりをしてくださったことがよい結果に繋がってよかったです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

結婚5年目、ひどい腰痛と生理痛のあった35歳の方が妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている35歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は生理痛と腰痛がひどく、また体温も全体的に低い状態でした。
鍼灸治療する前は婦人科でプロラクチンが高く、薬を処方されていたそうです。
腰痛は仕事場で人を助けるために痛めたといわれていました。

生理痛がすごく強かったので、ピルを10年間飲んでいたおっしゃっていました。
また月経周期も28日~36日とバラバラで、排卵しているのかもわからない状態でした。
まず鍼と灸を使い血液循環の悪い部分を治し、体温を上げ月経周期を安定させました。
そして、腰痛治療も施しました。
痛むとつらい思いをするので腰痛はしっかりと治した方が賢明です。
鍼灸治療をやっていくうちに、腰痛や生理痛もなくなり体温も上昇し、おりものもわかるようになりました。

しばらくタイミングをとり、その後刺激の少ない体外受精の病院で採卵しました。
1度目は自然採卵で1個採れたのですが、途中で止まってしまい、2回目の採卵で4個採れ新鮮胚で1個戻し、あとの3個は胚盤胞で凍結しました。

内膜15ミリ、ランクA心拍確認できたとのご報告をいただきました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

43歳の方が体外受精で妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている43歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は鍼灸治療を始める前に、自己注射をする病院で、採卵3回、移植2回したけれども妊娠には至らず
ほほえみ鍼灸院にお越しになられました。

高温期が3日~4日と続かないのと、FSH19、AMH0,2、その上忙しい仕事をされていました。
体全体が浮腫み、特にふくらはぎの硬さはパンパンで体に老廃物が溜まった状態でした。

ご本人はその体で43年生きてたので特に気にしていない様子でした。
けれども私たちは長年人の体を診て治す仕事をしているので、このままでは妊娠は難しいと感じていました。
病院も低刺激の所に変わってもらい、体つくりをしてから体外受精に進むようお話しさせて頂きました。

後から聞いたのですが、鍼灸治療をしながら体づくりをしてしばらくたった時に1度自然妊娠したけれども自然流産したと後からお聞きました。
その時は仕事も忙しかったとお聞きしました。
その後はしっかり鍼灸治療に来てくれました。

妊娠はされるのですが、HCGが低く続かなかったりしましたが、ご自分から仕事をやめて不妊治療に専念し、あきらめなっかたことが良い結果になりました。

この方は熱心に1週間に2回通ってくださいました。
仕事のできる方なのに仕事を辞め、不妊治療1本にしぼり専念されました。
大変なことも多かったのではないかと思われましたが、あきらめることはなかったのです。

仕事も辞め、何度かの流産を乗り越え本当によかったと思える結果がでたので、本当に良かったと感激しています。

妊娠しても継続が難しいとされる年齢ではありますが、赤ちゃんが生まれるまで出来る限りのケアーをしていきます。
当院では体のケアーはもちろん、心のケアーも資格のもった者が2人おりカウンセリングを行っておりますので安心してください。
患者さんの中には1度体外受精で良い結果がでなかったら、鍼灸治療を辞めてしまう方もいます。
良い卵子の時もあれば、時にはあまり良い卵子が排出されないこともありますので、本当に妊娠を望むであるならば、あきらめないで続けていただきたいと思います。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

一人目を体外受精で妊娠した方が、二人目を自然妊娠しました。

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている30代後半の患者様が二人目のお子さんを自然妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は一人目は体外受精で授かりました。
そして、そのお子さんが1歳2ヶ月になり、まだ断乳していないにも関わらず、
二人目となる赤ちゃんを自然妊娠で授かりました。

初めてのお子さんは不妊治療を2年以上続けてもなかなか授からなかったのですが、体を温め、たんぱく質多めの食事をとって、冷たいものを控えていたら、二人目をこのように自然に授かることもあるのです。

現在はつわりをやわらげるため、ほほえみ鍼灸院に治療に来てくださっています。

自己判断であたためているつもりにならず、
このブログにも具体的な温め方を書いているので、ぜひ最初から読んでみてください。
とにかく、長く続けることが大切です。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

37歳の女性が人工受精で妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている37歳の患者様が人工受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様はなかなか二人目が授からず、ほほえみ鍼灸院に不妊治療にお越しになられました。
当院にお越しになる前、人工授精で2回妊娠したけれども、どちらも心拍が確認できず流産してしまった経験があります。

カウンセリングをすると、生理痛も排卵通もあるとのこと。
生理痛は子宮が冷えて硬く、血流が悪い方に起こります。

一般的に、出産後は子宮の筋肉が1度大きく伸びて柔らかくなるため、生理痛がなくなることが多いのですが、この患者様はまだ子宮が冷えているようでした。
また、出産後膀胱炎も二度患ったとのことで、下腹部の冷え、血流の悪さが流産につながっているようでした。

鍼灸治療で卵巣への血流を良くしました。
そして、流産の手術から3周期空けていただき、その後2回目の人口受精で無事妊娠されました。
心拍も確認でき、赤ちゃんも大きめに成長していると連絡をいただき、嬉しく思いました。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

ひとり目のお子さんに続きふたり目のお子さんにも恵まれました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている34歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様はひとり目のお子さんの時にもほほえみ鍼灸院にお越しになられ、妊娠・出産。
そしてふたり目の時にも来てくださいました。

はじめて来られたのが31歳の時。
強刺激で採卵をしていたけれども着床しなかったため、鍼灸治療でしっかりと着床できる体つくりをし、刺激の少ない体外受精の病院に変わることをご提案させていただき、無事妊娠されました。

その後、一人目のお子さんが大きくなられたので、前の体外受精の病院に残っていた凍結卵子を移植したところ、心拍確認できました。

出産後も体を冷やさず、きちんと温めていたのでふたり目は時間がかからず妊娠することができました。
ふたり目を望まれる方も、夏でも下半身をしっかり温めることで、時間やお金を使わず、妊娠することができます。

私たちもブログで妊活に役立つ情報を日々発信しています。
できれば最初から読んで、ひとつひとつ実行されることが妊娠に近道ですよ。
http://kodakara.hohoemi-baby.net/

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

不妊期間3年の38歳の方が体外受精で妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている38歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は趣味で水泳や、ダイビング、サーフィンをやっていました。
そしてしばらく人工授精をやっていたけれどもうまくいかなかったため、体外受精に移行する前にほほえみ鍼灸院にお越しに
なられました。

強刺激で採卵する病院の説明会に行く予定にしていたけれども、からだを診てみると、体外受精でも妊娠するのは難しいと判断したため、しっかり時間をとって体づくりをしていただきました。

まず、体を冷やす水泳やダイビング、サーフィンすべてやめ、徹底的にからだを温めることをお勧めしました。
からだに冷えがあり高温期が続かないため、仕事場では電気座布団を使い、寒い日には湯たんぽを使って徹底的にからだを温めていただきました。

その後クロミッドのみの低刺激の体外受精の病院に通っていただき、何度か採卵、移植をしました。
仕事も忙しい方だったこともあり、初めてお越しになられてから1年近くかかりましたが、無事妊娠されました。
本当によかったです

これから旦那様のお父様と、同居して子育てをする予定だそうで、とても喜んでいる患者さんを見て、私たち幸せを感じました。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

不妊期間2年の34歳の方が鍼灸治療1周期めで妊娠されました

ほほえみ鍼灸院に、2年間不妊治療をされていた34歳の患者様からうれしいお電話がありました。

この方は2年間病院で排卵日を診てもらい、タイミングや人工授精をしていたのですが妊娠しなかったため、鍼灸院に来られました。
来られたのは一ヶ月だけで、何も言わず来なくなったので鍼灸治療をやめられたと解釈していたら、実は妊娠されていて9ヶ月たち連絡を頂いたということです。
これから出産するために実家に帰られるとのこと。
おめでとうございます。

症例紹介でご紹介している事例は、妊娠がわかった方のみご紹介させていただいています。
鍼灸治療後しばらく経ってから妊娠される方もいらっしゃると思います。
こうしてご連絡いただけることが、私たちの何よりの励みになります。
お忙しい中ご連絡ありがとうございました。
無事元気な赤ちゃんが生まれてきますよう、心よりお祈り申し上げます。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

4歳半になるお子さんのお母さんが二人目を妊娠

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている34歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様はひとりめのお子さんは結婚してすぐに授かったのですが
二人目がなかなかできず、病院に通っていました。
それでも授からなかったため、ほほえみ鍼灸院に不妊治療にお越しになられました。

問診させていただくと、
生理が少なくまた固まりがあり、高温期が36.43度、低温期は35℃台と体温も低い状態でした。
AMHの数値も34歳という年齢の割にで0.9と低かったため、
鍼灸治療は日常生活の改善でしっかり体つくりをしてから低刺激の体外受精の病院に行く方が、妊娠しやすいと思われました。

まず仕事場では、フリースの毛布、夏でもズボンの下にはレギンスを履いてもらい、座布団にはカイロを貼って下半身冷えを防いでもらいました。
サプリも飲み、どちらかと言えばやせていたので、タンパク質多めの食事に変え、足湯は夏でも続けてもらいました。
そのうちに体温も上がり、高温期が36.8度まで上げるようになり、経血の固まりもなくなり、生理の量も多くなりました。

そして「しばらくはタイミングをとりたい」というご希望ったので、タイミングをとってもらいました。
けれども、AMHが低いので体外受精の病院に行くことを薦め、何度かかかりましたが妊娠され、HCGが272,3、胎嚢9,5、その後心拍確認できました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

強刺激で採卵した38歳の方が妊娠しました。

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている38歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は鍼灸治療に来られる前に、強刺激で採卵され6個採れて3個凍結されていました。

とてもお忙しいお仕事をされていて、月の半分は夜中の3時に就寝されていました。
また、ひどい冷えもありました。
フットスパを使い下半身を温めてもらい、カイロも下腹や仙骨にも貼ってもらいレギンス+ズボン、靴下を2枚重ねて履いていただくよう指導いたしました。
胚盤胞だったので1週間後には、妊娠判定ができるのですが2週間後が判定日になっている病院だったので、HCGが1700ありました。
少しの出血のおりものが2回ほどありましたので、動きすぎていないかご自身に聞いてみたら、仕事で動くことがあるようなので、控えるようにしていただきました。

そして無事心拍確認できたとご報告をいただきました。
また、元気な赤ちゃんを授かるため仕事も辞められたとお聞きし、安心しました。
妊娠後はゆったりとした時間を持ってくださいね。