45歳の方から自然妊娠のうれしいご報告

3年前にほほえみ鍼灸院に不妊治療に来られていた患者さんが突然お越しになられました。
実は鍼灸治療後、自然妊娠をして無事出産し、赤ちゃんは1歳になるというとてもうれしいご報告をいただきました。

この方は鍼灸治療前から体外受精をされていて、何度も移植していたけれどもうまくいかなかったので、当医院にお越しになられました。
数カ月通って、そのうち来られなくなっていたので、どうされているのかと気にはなっていました。

ご本人も気になっていたようで、遠出をして犬の散歩がてらほほえみに立ち寄ってくださったとのこと。
体外受精を何度もされていましたので、まさか自然妊娠するなんてとびっくりしたそうです。
43歳で自然妊娠され、44歳で出産し、今、赤ちゃんは1歳になるそうです。
本当によかったですね。
うれしいご報告をしにわざわざ訪れてくださって、とてもうれしかったです。

鍼灸治療後すぐ妊娠に結びつかなくても、一旦からだを治していたらこの方のように高齢でも自然妊娠されたり、ひとり目は体外受精で妊娠された方がふたり目は自然妊娠されたりすることもよくあります。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

結婚して7年目、5回採卵して妊娠しなかった42歳の方が妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている42歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この方は注射をして採卵する病院で5回採卵をした経験がありました。
けれども1回目の採卵だけしか育たず、その後その受精卵を移植したけれどもダメだったため、ほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療に来られました。
また、子宮にポリープもありましたので手術もされました。

2年近くかかりました鍼灸治療に通ってくださり、低刺激の病院で2回目の採卵後、無事妊娠され心拍確認できたとのご報告をいただきました。
長い間あきらめず通ってくださったことが妊娠につながったので、大変うれしく感激しておきます。

胚盤胞移植判定日、HCGが39と少し低かったので、仕事も大切ですが、せっかく授かった命を大切にしてもらいたいこともあり、仕事は減らしてご自分のからだを気遣うように、具体的にお話しさせていただきました。

お腹の赤ちゃんを守れるのはお母さんしかいません。
仕事より大切な時間だと思うのです。
まだまだ初期なので安定するまで通っていただき、出産までしっかりサポートさせていただきたいと思っています。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

43歳の方が体外受精で妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている43歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は鍼灸治療を始める前に、自己注射をする病院で、採卵3回、移植2回したけれども妊娠には至らず
ほほえみ鍼灸院にお越しになられました。

高温期が3日~4日と続かないのと、FSH19、AMH0,2、その上忙しい仕事をされていました。
体全体が浮腫み、特にふくらはぎの硬さはパンパンで体に老廃物が溜まった状態でした。

ご本人はその体で43年生きてたので特に気にしていない様子でした。
けれども私たちは長年人の体を診て治す仕事をしているので、このままでは妊娠は難しいと感じていました。
病院も低刺激の所に変わってもらい、体つくりをしてから体外受精に進むようお話しさせて頂きました。

後から聞いたのですが、鍼灸治療をしながら体づくりをしてしばらくたった時に1度自然妊娠したけれども自然流産したと後からお聞きました。
その時は仕事も忙しかったとお聞きしました。
その後はしっかり鍼灸治療に来てくれました。

妊娠はされるのですが、HCGが低く続かなかったりしましたが、ご自分から仕事をやめて不妊治療に専念し、あきらめなっかたことが良い結果になりました。

この方は熱心に1週間に2回通ってくださいました。
仕事のできる方なのに仕事を辞め、不妊治療1本にしぼり専念されました。
大変なことも多かったのではないかと思われましたが、あきらめることはなかったのです。

仕事も辞め、何度かの流産を乗り越え本当によかったと思える結果がでたので、本当に良かったと感激しています。

妊娠しても継続が難しいとされる年齢ではありますが、赤ちゃんが生まれるまで出来る限りのケアーをしていきます。
当院では体のケアーはもちろん、心のケアーも資格のもった者が2人おりカウンセリングを行っておりますので安心してください。
患者さんの中には1度体外受精で良い結果がでなかったら、鍼灸治療を辞めてしまう方もいます。
良い卵子の時もあれば、時にはあまり良い卵子が排出されないこともありますので、本当に妊娠を望むであるならば、あきらめないで続けていただきたいと思います。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

骨盤の歪み、生理痛のひどかった43歳の方が妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている43歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様はご友人の紹介でほほえみ鍼灸院にお越しになられました。
ご友人は早めに妊娠されましたが、この方は少し時間がかかりました。
体を診てみると、骨盤の歪みがあり、またひどい生理痛も抱えておられました。

鍼灸治療をはじめて11回目で自然妊娠をしたけれども、
まだ体質が変わる前だったこと、
そして仕事もしていたためつわりがひどい状態で無理をされたため、
心拍確認までいきましたが10週で流産してしまいました。

その後もクロミッドのみの採卵をして、もう1回妊娠したけれども
9週で流産してしまいました。

受精卵がよくなかったり、仕事で無理をされると妊娠継続が難しくなります。

その後また3周期みてから採卵しましたが、空砲だったり未成熟卵だったりしましたが、あきらめずに体を休めながら、採卵を継続していきました。
そのうちの3個胚盤胞で凍結することができました。

その後体調をみてから移植をし移植後7日目、HCG74、5週と1日目で胎嚢8,7センチ、その後心拍確認出来ました。
現在は妊娠継続のため仕事を早めに終わらせてもらって、つわりがひどい時には休ませてもらいながら頑張っておられます。

時間はかかりましたが、妊娠を諦めず鍼灸治療にも休まず1週間に1度通っていただたこと、そしてご自身でもしっかり体を温めたことなどがよい結果になったと思われます。
たまに1度採卵、移植をされただけで鍼灸治療をやめてしまう方がいますが体質が変わるまでにはある程度の時間はかかるります。
本当に赤ちゃんを望むのであるならば、この方のようにあきらめずに継続することをお勧めします。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

43歳の子宮筋腫のあった方が体外受精で妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている43歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は5㎝の子宮筋腫があり、その検査中にほほえみ鍼灸院に治療にこられました。
その前に採卵をされて、胚盤胞1個、分割杯1個がありました。
鍼灸治療5回目に胚盤胞を戻したけれどもHCGは出なかったため、
体づくりをしてから採卵、移植に挑むことをお勧めしました。

鍼灸治療と併行して、日常生活でも職場で腰から下に電気毛布を巻いてムートンブーツ、仙骨にカイロをし、サプリメントとしてウムリンや葉酸を飲み、動物性たんぱく多めの食事、足湯、半身浴をしてもらいました。

4か月後に採卵したけれども途中で止まってしまい、
その3ヶ月後に1個5日目の胚盤胞、1個6日目の胚盤胞を採ることができました。
1周期置き、移植したところ5週目に、HCG2800胎嚢1センチ順調に育ち、心拍確認することができ、体外受精の病院も無事卒業されました。

この方は昨年の12月に初めて当医院にお越しになられました。
43歳という年齢とストレスのかかるような仕事をされていましたので、時間はかかりましたが妊娠に至りました。

妊娠するための体づくりをしないで、体外受精を繰り返しても妊娠するのは難しいと思われます。
まずは生活習慣や食べ物を変え、からだの悪い部分を鍼灸治療で直し妊娠しやすいからだつくりをお勧めします。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

44歳の方が体外受精で妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている44歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様はほほえみ鍼灸院に来られる前から体外受精をされていました。
けれども、クロミッド、HMGの注射をして何度も採卵したものの、卵胞が大きすぎて空砲になっていました。

8年前には大きな病気もされていたそうですが、時間が経過したため不妊治療を開始したそうです。

月経周期も32日〜34日と長く、生理痛もありました。
FSHも最初は16と高めだったのが、鍼灸治療をするうちに10以下に下がりました。

体質的にクロミッドやHMGの注射が合わず、採卵後には遺残卵胞が残りやすく
また何度かHCGがでて妊娠しましたもののうまくいかなかったので、
病院を変えフェマーラでの採卵法に変えたところ妊娠しました。

この方のように薬が体に残りやすい方は、病院を変えて採卵するのことも必要だと思います。

クロミッドはある程度体に薬が残りやすく、フェマーラは残りにくい薬のようです。
今まで採卵できなかったり、クロミッドを服用できなかった方などにもいいみたいです。

2回くらい体外授精をしてもうまくいかないない場合は、別のやり方の採卵法に変えることも大事ですよ。
良い卵子を採卵するためには、卵子に少しでも影響のないやり方がベストです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

排卵誘発剤を10ヶ月飲んでも妊娠しなかった40歳の方が妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている40歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は病院でクロミッドを処方され、1周期に1日1錠を5日間の服用を10ヶ月続けたけれども妊娠せず、ほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療にお越しになられました。

腰痛が10年前からあり、高温期が36.5℃と低く、足のふくらはぎを触ってみたらパンパンに浮腫んでいました。
詳しく尋ねてみると、重いものを持ったり素足にならなければできない内容の仕事をされていました。
それによって浮腫みや腰痛があったようです。
妊娠に向けて、その後お仕事も変えられたようです。

鍼灸治療を続けていくうちに体温も安定し、足の浮腫みも取れてきました。
そのタイミングで低刺激の体外受精の病院に行っていただきました。
新鮮胚はだめでしたが、胚盤胞移植3回目グレードCで妊娠されました。
心拍確認でき11週が経過し、こちらでご報告させていただきます。
不安もいっぱいあったとは思いますが、頑張られて本当に良かったです。
この方のように仕事を持ちながら妊娠までいくのは、大変なことも多いと思います。
けれども、先で「頑張ってよかった」と思う日が来ると信じ、希望を捨てないで頑張りましょうね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

卵管水腫があった40歳の方が妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている40歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この方は1回採卵したて2個採れた卵子が変性卵で受精もしなかったため、ほほえみ鍼灸院に不妊治療を受けに来られました。

やはり卵子を良くするためには栄養を摂り、卵巣、子宮への血流を良くする事がなりより大切です。

食事を作る事が苦手とおっしゃっておられたので、妊娠に必要な栄養を勧めさせていただきました。
そして、その栄養が卵巣に良く届くように鍼灸治療をさせてもらいました。

なかなか妊娠されない方の多くの方がそうですが、職場がすごく冷えるので電気座布団または座布団にカイロ、を貼るなどの工夫をして毎日子宮を温めてもらいました。
そうしながら鍼灸治療を続け、卵巣水腫は体外受精をするクリニックで処置してもらいました。

そうして採卵し今度は2個採ることができ、ふたつとも共胚盤胞まで育ち1回の胚移植で妊娠されました。

移植後も安定するまで子宮の血流を良くする事で赤ちゃんの成長が良くなるので子宮の血流を良くする鍼灸治療をお勧めしています。
お忙しかったため、移植後しばらく連絡がなかったため心配していましたが、先日「3ヶ月になりました」と連絡をいただきました。
とても嬉しかったです。

ほほえみ鍼灸院に来られていた方でその後妊娠された方がおられましたら連絡をいただけたら私達はとても嬉しくまた励みになります。
ご連絡ありがとうございました。
元気な赤ちゃんの出産をスタッフ一同楽しみにしています。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

無排卵だった41歳の方が自然妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている41歳の患者様が自然妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は治療に来られた当初は無排卵状態でした。
また、体温が低温期が35.8~36.1℃、高温期は36.5℃と全体的に低く、冷え症、肩こりがありました。
無排卵の治療のため病院でHMGの注射をして腫れが出ていました。

職場も冷える環境のようでしたので、電気座布団をしていただき、家でも足湯をしていただきました。
また食生活でもレバーを毎日少量食べていただくよう指導いたしました。
サプリメントとしては、葉酸、ウムリンを飲んでいただきました。

HMGの注射を過去にしていたため甲状腺の数値が6と高く病院にも行っていましたが、鍼灸治療で改善できるので、温灸治療を首にも施しました。

高刺激の病院から低刺激の病院に変わり、体外受精もしましたがうまくいかなかったため、タイミングを取ながら次の採卵を待っていた時、自然妊娠しました。

無排卵でも、1週間に1度鍼灸治療を行ってしっかり体づくりをすることで、排卵し40歳を超えても妊娠することができます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

3回目の胚移植された40歳の方が妊娠しました

baby

 

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている40歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この方は強刺激で2回の体外受精を行ったけれども結果が出ず、
3回目の胚移植の前にほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療に来られました。

鍼灸治療を続けながら8ヶ月ほど病院での治療を休みました。
そして今年になって低刺激の病院に変えて採卵をしました。
けれども、1度目の移植ではうまく着床しませんでした。

鍼灸治療をしたら着床率を上げることはできますが、卵子の質が悪ければ着床しても、途中で止まることがあります。
そう説明をさせていただくと
「今回がダメだった場合はしばらく鍼灸治療をしてからだつくりに専念する」
と言ってくださり、鍼灸治療で体づくりをしっかりがんばってくださいました。

そして、1個残った胚盤胞まで育てた受精卵が妊娠に結びつきました。

1回目の移植はAランクの受精卵で着床せず、鍼灸治療を行ってからの受精卵はCランクでした。
判定日の数値は55で、胎嚢の大きさも標準で、2週間後には心拍確認できました。

強刺激で採卵をされたのち、強刺激で使った薬をぬくためにも8ヶ月おいた後、低刺激の病院に変えたのは正解だと思います。

ほとんどの人が慌てて体外受精に挑んでしまって、強刺激で使った薬がぬけないまま病院を変え採卵をしますがそれはおすすめできません。
時間を空け、しっかり体の状態を整えることが妊娠に結びつきます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ