42歳の方が体外受精で妊娠されました!

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている42歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます。

この方は、ほほえみ鍼灸院を卒業した患者様からの紹介で来院されました。

1年前にご結婚され半年間タイミングをとった後、年齢的なこともあってすぐに体外受精へと進まれました。
クロミッドで採卵を1回して胚盤胞と分割胚がとれて、胚盤胞から戻しましたが妊娠に至りませんでした。
薬に敏感な体質で、クロミッドで卵巣が腫れてしまったとのこと。
次回は薬なしの自然採卵と分割胚移植をするため体を整えてから望みたいということで、ほほえみ鍼灸院にいらっしゃいました。

話を伺うと、生理痛が少々あり、肩こり、手足の浮腫み、慢性腰痛の自覚症状があるとのこと。
冷えによる血流の悪さが分かりました。

体を診てみると、骨盤周り、腰、太ももが硬、ふくらはぎの浮腫みがありました。
上半身も肩こりと頭に浮腫みがありました。
骨盤内の血流が悪く、脳の疲労があることが分かりました。

まず、骨盤周りの血流促進をメインに治療を施しました。
すると、2回目にいらした際には生理痛がなくなり、足腰も軽くなったとおっしゃっていました。

以降は、骨盤周りに加え、太ももとふくらはぎの血流を良くする下半身治療をしました。
ある程度、骨盤周り、下半身が良くなったところで、上半身治療を加え、脳の疲労の軽減とホルモン分泌が出やすいよう促しました。

根本要因として、一番はストレス過多であること。
そして、就寝時間が遅く、心身に疲労がとれていないことが分かりました。

ストレスや疲労蓄積は血流を悪化させ、体の症状に繋がっていきます。
ガンなども強いストレスでなったりします。
血流を良くすることが、心身の回復だけでなく卵子の質を改善させたり、妊娠しやすい子宮内環境を作ったりします。
体質改善には、およそ3~4ヵ月かかることをお伝えし、週1回の鍼灸治療と日常生活での自分でのケアをしていただくようお伝えしました。

<日常生活のケア>
・下半身が冷えない服装をする、カイロやレッグウォーマーを活用して温める
・足湯をする
・就寝時間を早くする
・高たんぱく摂取でプロテインを開始
・ご本人の判断で水素水も開始
・週1回鍼灸治療に通ってもらうこと
・ストレス軽減

すると、治療を始めて5か月が経つ頃に予定していた移植をしたところ、無事着床されました。
その後、胎嚢・心拍の確認も無事とれて、経過も順調に進んでいます。

このように胚盤胞では着床に至らず、分割胚で着床するケースもあります。
この方の場合、焦らず体質改善にじっくり時間をとって子宮内環境を整えたこと着床につながりました。

本当に良かったです。
心からおめでとうございます!
妊娠生活はこれからも続くので、引き続き妊婦さんとしての生活を心がけてお過ごしくださいね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

10回以上移植を経験した40歳の患者様が鍼灸治療後 妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている40歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます。

この患者様は友人の紹介でほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療に来られました。
ご紹介してくださったご友人は移植を10回以上経験して、妊娠されました。

お越しになった患者様は体外受精と移植を東京、大阪、仙台のさまざまな病院で10回以上されていました。
AMHも0.9と低く、また高プロラクチンでした。

体を診せていただくと、からだのむくみがひどく、子宮や卵巣が冷えて生理痛あり、腰痛もありました。
からだの血行が悪くなったところに鍼と温灸を施してからだをの血流を良くしていきました。

そして、ご自身の生活習慣も見直していただきました。
職場では子宮や卵巣を冷やさない服装をしていただきました。
また、食生活も見直していただきました。
タンパク質を多めに取り、体を冷やす生野菜は控え、体をあたためる根菜類多めに摂っていただくようお伝えしました。
夏でも湯船に入り、仕事でのストレスを溜めないようにしてもらいました。

鍼灸治療と生活習慣を見直すことで、妊娠しやすいからだに変えていきました。
移植するときの内膜も、鍼灸治療する前よりも厚くなっていて、無事着床・妊娠しました。

ほほえみ鍼灸院では40歳以上で、体外受精を10回以上経験してもうまくいかなかった方も治療を施すことによって妊娠されています。
これまで何をやってもうまくいかなかった方は、ぜひ私たちの治療を試していただきたいです。

ほほえみ鍼灸院の不妊治療
https://hohoemi-baby.net/about/index.html

タイプ別症状と治療法
https://hohoemi-baby.net/type/index.html

41歳の方が体外受精で妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている41歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます。

この患者様は胚移植を1回したけれども化学流産をしてしまったため、次の移植に向けてほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療に来られました。

お話を伺うと、右側の卵管は手術で取っておられてるとのこと。
また体を診させていただくと、骨盤周り、臀部、太ももが硬く浮腫んでいました。

冷房や薄着によって体を冷やしてしまっていることで、骨盤周りが浮腫み、お腹の中の子宮や卵巣の血流が悪くなり妊娠しにくくなっているのです。

冷えは妊活の大敵です。
現代は多くの女性がこのように体を冷やしてしまっています。
けれども、婦人科や体外受精のクリニックでは「冷え」について注意されることがほとんどないので、自分が冷えているということに気づかず、妊活がなかなかうまくいかないことが多いのです。

生理痛が強かったり、臀部や太ももやお腹を触ると冷たい方、腰痛がある方も冷えている可能性が高いです。

鍼灸治療では鍼と低周波パルス、温灸を使って浮腫んで停滞した体液をリンパ、静脈に戻します。
そうすることで新しい血液が細胞に行き渡るようになります。
子宮、卵巣にも新鮮な血液が多く流れるようになるので、内膜も厚くなりって温かい子宮となり、受精卵が着床し易くなります。

この患者様は鍼灸治療後は1回目の胚移植で妊娠されました。
本当によかったです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

42歳の内膜が薄かった方が体外受精で妊娠されました!

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている42歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様はタイミングで1度妊娠したけれども流産してしまい、その後人工授精を経て、体外受精へステップアップにすすまれました。
1つ目の病院では2回採卵したけれども卵子を採ることができず、2つ目の病院では2つ採卵できたけれども、初めての移植で流産してしまった後、ほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療にお越しになられました。

お話を伺うと、内膜がいつも5~6㎜で薄く、ホルモン補充をしても7.5~8㎜くらいとのことでした。
子宮筋腫の手術もされていたので、血流が悪いことがわかりました。

そしてお体を診てみると骨盤周りが硬く、骨盤内の血流が悪いことがわかりました。
また、捻挫歴もあり足首が硬く、それに伴って下肢全体も硬いことがわかりました。
また眼精疲労や頭痛吐き気がよくあるとのこと。
両首肩、肩甲骨周り、背中も硬くなっており、これがホルモン分泌の妨げになっていることがわかりました。

まず、骨盤内の血流を良くする治療を施しました。
それと同時にレバーやサプリメントでの栄養補助など取り組んでもらい、冷房対策をしっかりして、足湯や下半身の重ね履きなどをすることで体を冷やさないようにし、栄養が運ばれやすいようにすることをお伝えしました。

鍼灸治療後数回目には、初めて内膜が10㎜になり、お医者さんも驚いていたそうです。
また、経血量も若い時のように増えたとおっしゃっていました。

その後、一度自然妊娠しかかった時もありましたが、継続には至りませんでした。

排卵する卵子は3ヵ月かけて育ちます。
出産まで続く元気な卵子に質を変えるには、体質改善してからの卵子の質を変えるのに3ヵ月は時間が必要なことをお伝えしました。

仕事が忙しくて疲労が溜まることも卵子の質を低くする要因になるので、仕事の業務内容を見直してもらいました。

筋肉が硬くなりやすく、じっとしていられない性分のようでしたので、リラックスすることの大切さと、血流を良くして下半身を温かくすることの必要性を伝え、ストレスの軽減に努めてもらいました。

また、薬による体の影響が敏感に出やすい方なので、治療して体の状態が良くなってももホルモン補充をすれば、また体から薬を抜くのに時間がかかるので、じっくり体づくりに時間をかけることをおすすめしました。

週1回の鍼灸治療で骨盤周りと下肢の治療を毎回施し、内膜を厚くする治療を続けました。
更に、採卵に進む前に、ホルモン分泌の妨げになっている上半身治療を施し、脳の疲労軽減に尽力しました。

それから、培養技術が優れていて刺激が弱い病院に転院してもらったところ、
採卵成績もグッと上がって、採卵も4個採れるまでになり、うち3個胚盤胞凍結ができました。
1回目の移植では風邪をひいてしまって妊娠には至りませんでしたが、2回目の移植で無事着床することができました!
その後も胎嚢と心拍の確認がとれて順調に過ごされているそうです。

根気強く治療に通っていただき、生活改善に取り組んでいただいたことが結果につながって本当に良かったです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

44歳の方が体外受精で妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている44歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は私たちのところで鍼灸不妊治療を受ける前に、6回採卵をしていました。
4回移植したけれども妊娠することができず、なかなかいい卵子が採卵できなかったようでした。

別な病院に変わっても同じことを繰り返していました。
妊娠に必要なのは卵子の「数」ではなく「質」が大切です。
卵子の質を良くさせるためには、ご自分の体質改善をして良い卵子が育つ体づくりをすることが大切です。
幸い、旦那様の方には大きな問題はなかったので、奥様の生活習慣を改善していただくようお願いしました。
早めに就寝をし、体を温めるような服装を心がけ、足湯、半身浴を実践してもらいました。

また冷えが足に出ていていて、足の裏が黄色くなり、湿って冷たくなっていました。
そこで、特に下半身を重点に鍼とパルス、温灸治療を施すことで筋肉の質を変え、下半身の血流を良くしました。

こうやって鍼灸治療と生活習慣の改善で下半身の血行を良くすることで、子宮や卵巣に栄養と酸素を運ぶことができるので、良い卵子が採卵できます。

そうして体の状態が整ったところで、あまり刺激しない方法で採卵する病院に変わっていただき、1個移植したところ妊娠され心拍確認もでき順調に育っています。

この方は生活習慣もしっかりと変え、妊娠に向けてとても努力をされていました。
風邪をひかないように体を気づかい、日々の生活習慣の改善にも熱心に取り組んでくださっているように思います。

鍼灸治療は週に1度ですが、ご自分の日常生活も卵子には影響します。
まずは風邪などを引かないように免疫力をアップさせるために、体温をあげていきましょう。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

41歳の方が、1人目に続き2人目も1回で自然妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている41歳の患者様が自然妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は、1人目の不妊治療の時からほほえみ鍼灸院に通ってくださっています。
1人目を妊娠するまでちゃんと体づくりに時間をかけてくださり、出産後も体が元に戻らないよう、メンテナンスで何回か通ってくれていました。

その時に、
・断乳ができていないため、生理がまだ来ていないこと
・体重が1人目の時よりも4㎏減ってしまったままであること
・胃のもたれ・痛み、腸にガスが溜まりやすい症状が強いこと
・食事量も少ないこと
が分かったので、次のお子さんを望むのであれば、断乳を早めにして生理を早く復活させることをお伝えしました。

それから、45㎏あった体重が41㎏に減ってしまったことにより、胃腸から栄養を吸収されにくくなっていることをお伝えし、体重を少しずつ増やすことをおすすめしました。

断乳後すぐに生理は復活しましたが、タイミングの再開は体重がもう少し増えてからするようにお伝えし、プロティンを毎日摂ってもらうようお伝えしました。

体重が43㎏まで増え、1年かけて体重維持の安定と胃腸の不調の改善に取り組み、お子さんの幼稚園通いスタートとともに妊活のタイミングを再開してもらいました。

おりものと排卵検査薬で排卵時期を見極め、”4日連続4回”タイミングをとってくれました。

見事!妊娠されました!無事、心拍確認までとれました!
4日のうちのどこかでタイミングが合ったのだと思います。
やはり回数が多いことは妊娠率を上げるのですね。

この患者さんの場合は、タイミングをとった周期は少ないですが、体づくりにはしっかり1年かけています。
出産後以降も足湯や重ね着などの温活を徹底して行い、下半身を冷やさないことに気を付けてくれていたことも早い妊娠に繋がったのだと思います。

最近では2人目不妊の方も多く来られていますが、1人目の時にしっかり体づくりをしている方は2人目の妊娠が早いことが分かりました。

すべて努力は自分に返ってくるので、1人目の妊活時も焦る心に負けず、先を急がず、しっかり体づくりをすることが、後々自分に返ってくるのだと再確認しました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

40歳の方が体外受精で妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている40歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は凍結卵子が既にあり、移植前に鍼灸治療が良いと聞いてほほえみ鍼灸院に治療に来られました。
体を診てみると、ふくらはぎが浮腫んでおり、お尻も硬かったので、足の血流が上に戻りにくくなって骨盤内の循環も悪くなっているのが分かりました。

そこで悪い部分に鍼とパルスを施し、温灸でしっかり温める治療をしました。
普段の服装も、気をつけてもらいました。
下半身をタイツやレッグウォーマーなどでしっかり重ねばきし、足湯やカイロなど使ってしっっかり温めてもらうようお願いしました。

移植日前日にも来てもらい、さらに血流を良くして子宮内膜にアプローチかけました。

そうすることで、1回目の移植で無事妊娠されました。

そして、妊娠後も鍼灸治療に通ってきてくださいました。
妊娠したら鍼灸治療は必要ないと思われがちですが、血流を良くすることが酸素と栄養を胎児に届け、赤ちゃんに成長を促すため鍼灸が良い影響を与えるのです。

妊娠後はつわりがひどく、足湯や湯船もつかれない状態でしたので、とにかく温灸で下半身を温めて血流を良くすることに専念しました。
そして、無事心拍まで確認が取れました。
本当に良かったです。

「体質改善をしてから妊娠したら出産後の回復も早いよ」とお伝えしたら
「もっと早くから来れば良かった」とおっしゃっていました。

妊活と鍼灸について相談のある方はお気軽にご連絡くださいね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

42歳の患者様が体外受精で妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている42歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は2回の胚移植をされて妊娠できなかった為、3回目の移植の前にほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療に来られました。
1回目の胚移植では7週目で成長が止まり、2回目の移植では着床したもののHCGが低くて継続出来なかったそうです。

体を診てみると、ふくらはぎに浮腫みがあり、下半身の血流が悪いために子宮の血流も悪くなり、妊娠が継続出来なかったよう鍼灸治療により下半身全体、子宮の血流も良くすることで治療後の移植で無事妊娠されました。

移植の当日にパルスを併用した鍼灸治療をすることにより子宮への血行が大きく高まり、とても着床し易くなります。
なかなか着床できない方は、当日に鍼灸治療を受けてみて下さい。
卵子が良くなく胚盤胞になりにくい方でも少し時間をかければ強い卵子が育つようになります。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

体外受精で何度も採卵しても受精しなかった41歳の方が妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている41歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます。

この方は結婚2年目で体外受精を何度かしたけれども良い受精卵ができず、移植しても妊娠はしなかったため、ほほえみ鍼灸院に鍼灸治療に来られました。

2〜3年前までは28日周期できていた月経も、現在は25日から27日と間隔が短くなり、経血の量も減ってきてました。
冷えからくる下痢と便秘も繰り返しているようでした。
また1年前にぎっくり腰を起こしていて、半年くらい痛みが続いていたようです。

体を診てみると、からだ全体の筋肉のこわばって硬くなっており、むくみがひどい状態でした。
しかも、熱がこもって汗が出ず、頭痛もあって代謝がものすごく悪いでした。
患者様が思っている以上に体の状態が良くなく、「どこから手をつけたらいいか」と思うほどでした。

けれども、鍼とパルスで凝り固まってしまていた筋肉を奥まで緩め、温灸で熱を入れさらに筋肉を柔らかくしていくことで、むくみが取れ、代謝がよくなってきました。

鍼灸治療を続け、またセルフケアをしっかりしていただくことによって体の状態が改善されてきた頃合いに、注射を使わない低刺激の方法で採卵をする病院で採卵をしていただきました。
胚盤胞の受精卵が凍結でき、次の周期で移植しました。
ランク2、内膜8ミリでの移植でした。
HCG55で胎嚢も見え、その後心拍確認もできています。

つわりもなく順調に赤ちゃんは、お母さんのおなかで育ってくれています。

ほほえみ鍼灸院には、この方のように何度か体外受精をしたけれどもうまくいかなかった方が多くいらしています。
15回体外受精をして妊娠されなかった39歳の方が、当院で鍼灸治療で体の状態を整えたあと妊娠されたケースもあります。

何度も体外受精をしてもうまくいかない方は、本人に自覚がなくても体の状態がよくないことがほとんどです。
妊娠するために必要なのは、元気な卵子と、赤ちゃんが育つふかふかの子宮です。
元気な卵子やふかふかの子宮を作るためには、血流の良い元気な体であることが必要です。

お子さんを望む方の少しでもお役に立ちたいと、
私たちは妊娠するために必要なことを、このブログを通してお伝えしています。

体の温め方を知らなかったという方、
何を食べるといいのか分からなかった方、
何度も体外受精をしているのに授からないのかという方、
ぜひ一度私たちのブログを読み返してみてくださいね。

不妊治療と冷えとり
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?cid=11

自宅でできるセルフケア
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?cid=10

食事で妊娠しやすい体づくり
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?cid=13

不妊治療
http://kodakara.hohoemi-baby.net/?cid=1

また治療にお越しの際は、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

予約はお電話で。
03-6318-5648
土日よりも平日が予約が取れやすくなっています。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

6日目の胚盤胞、Dランクを移植した42歳の方が妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている42歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます!

この方はとても忙しい仕事をされていて、体が冷えてふくらはぎがひどく浮腫んでいました。
ご本人はずっとこの浮腫んだ状態が普通だったので、体が悪いとは思っていないようでした。

ハリとパルスと温灸、指圧をしてふくらはぎの浮腫みを取り除き、冷えやすい体を循環の良い体質に変える治療を行いました。
すると、パンパンだったふくらはぎが柔らかくなり、体全体の血行もよくなっていきました。

お仕事が忙しいことに加え、ご実家で身内の不幸があって生理が飛んこともありましたが、鍼灸治療は休まずきちんと来てくれていました。

体の状態を整え、5回ほど採卵し、6日目の胚盤胞、Dランクを移植し、妊娠しました。
HCGが31.1と低めだったけれども、妊娠後も温灸治療に通っていただき、心拍確認もでき9週を超えて赤ちゃんも標準の大きさになりました。

実は今回の妊娠前に5日目の胚盤胞を移植してうまくいかなかったのですが、今回はDランクで6日目だったにもかかわらず妊娠されました。

やはり子どもは授かりものだと思いました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ