37歳の方が一人目に続き、二人目も自然妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている37歳の患者様が二人目のお子さんを自然妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は一人目のお子さんの時にほほえみ鍼灸院に来て鍼灸治療で体を治し、自然妊娠されました。
最初に治療に来られた時は生理痛が冬になるとひどくなり、手足の冷え、肩こり腰痛にも悩まされていました。
そして病院や検査薬で見てタイミングをとっていましたが妊娠には至らなかったそうです。

鍼灸治療と温灸治療をして体の血行の悪い部分に鍼とパルスをして体の筋肉を緩め、温灸治療で体全体の血液の流れを良くしていきました。
体が冷えているということは、子宮や卵巣も冷えています。
鍼灸治療をしばらくすると生理痛が軽くなり、高温期の体温も上がるようになりました。
手足も温かくなり体温が上がるようになると自然妊娠するようになりました。

その後二人目のお子さんを望まれてお越しになられました。
断乳してから3回は生理をみてから鍼灸治療をしていきました。
前回と同じように冷えがありましたので、体の血行の良くしていきました。
血行が良くなると体温も上がり、生理痛もなくなって自然妊娠されました。

心拍確認でき9週を過ぎ、軽いつわりはありますが順調におなかの赤ちゃんは育っています。
冷えた体では妊娠しづらくなりますので、温め生活をはじめましょう。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

患者さんからの喜びの電話

先日、東京都の離島で暮らしている患者さんから、
「3680gの元気な男の子が生まれました」
と報告をいただきました。

この方は30代。
夏の間仕事でプールに入ることが多く、体が冷え切っていました。
まだ若いのに生理痛もあり、体中の筋肉がこわばったようなってしまっていました。
そして、旦那さんも若かったのに何年も妊娠できずにいました。

鍼灸治療を施しながら、日常生活の中でも温める習慣を身につけ、冷たいものもなるべく食べないように気をつけていただき、妊娠体質にもっていきました。

そうして1人目のお子さんがを授かり、離島へと引っ越されました。
その後、1人目のお子さんを無事出産し、2人目も望んでおられたので時々ほほえみ鍼灸院に通ってくれました。
1人目のお子さんも授かってから、島に引っ越して二人目を望んでから
以前と同じようにお子さんの時と同じように、温め生活を実践して、元気な赤ちゃんを授かりました。

うれしいことに、赤ちゃんが生まれて翌日に私たちに電話で報告をしてくださっていたようです。
出産で体力も使っていたであろうから心配していたのですが、
出血も少な安産で全く問題なかったとおっしゃっておられました。
看護師さんからも理想的なお産でしたと褒めてもらったそうです。

妊娠後も元気でなければお子さんを育てるのは大変です。
鍼灸治療をして温める生活をしたら、産後も快適に過ごすことができるのです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

二人目不妊だった30歳の方が自然妊娠されました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている30歳の患者様が二人目のお子さんを自然妊娠しました。
おめでとうございます。

この患者様は一人目のお子さんを出産し、二人目を希望されていました。
お子さんが1歳になってから断乳し、1ヵ月後に生理が始まり、病院に行ってフェマーラを飲んでタイミングをとっていましたが妊娠しなかったため、ほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療にお越しになられました。

問診させていただくと、
月経周期が30日~40日とバラバラで、出産後も生理痛がありました。
睡眠する時間が12時~7時とのことでしたので、それよりも1時間早めに寝るようにしてもらいました。
卵子を育てるホルモンは10時くらいから多く分泌されるので、早めに寝ることで良い卵子を体の中で育てることが出来るのです。

まだ若いのに経血の量が減ってきているようでした。
高温期も低めで長く続かないようでした。

体を診てみると冷え、肩こりがありました。
血行が悪く、三陰交が固くなって腰にも痛もありました。
鍼、パルス、温灸治療をしてから、指圧をし、体全体の体温を上げていきました。

8回目の治療の後自然妊娠されました。

生理痛があるということは、子宮が冷えていることです。
子宮が冷えていると妊娠しづらくなります。
鍼灸治療や温灸治療で体を温めましょうね。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

高温期のなかった34歳の二人目不妊の方が自然妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている34歳の患者様が2人目のお子さんを自然妊娠されました。
この方は1人目のお子さんも私どもの鍼灸治療で授かりました。

2人目がなかなか授からずお越しになられたので、
問診をして体を診てみると、
高温期が36.1~36.2℃しかなく、腰痛もありました。

からだが冷え切っていて、また冷えていることに気づかず生活していたので腰痛を起こしていました。
腰痛は冷えが原因で起こることもあるのです。

下半身を温めることや、食べ物指導をしていきました。
早めに就寝するように努めてもらいました。

腰痛治療を中心とした鍼灸治療をして、3回目の施術で高温期が36.5まで上がりました。
下半身全体がむくみがひどかったので、からだの悪い部分に鍼とパルスして筋肉をゆるめ、そのあと温灸を施し、指圧をするうちに下半身の血行が良くなり、自然妊娠することができました。
おめでとうございます!

からだが冷えていることが原因で、生理痛がひどかったり子宮や卵巣に病気を抱えている方が多くいます。
冷えは妊娠にとって百害あって一利なしです。
普段から服装や生活習慣に気を配りましょうね。

不妊治療専門 子宝灸 ほほえみ鍼灸院(練馬 / 池袋 / 新宿)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

卵胞が育たなくて体外受精を考えていた31歳の方が自然妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている31歳の患者様が2人目のお子さんを自然妊娠されました。
おめでとうございます!

この方は1人目のお子さんの時にも、ほほえみ鍼灸院に鍼灸治療にお越しになられ、自然妊娠しました。

その後2人目を望まれ、6か月病院に通って処方された薬を服用してタイミングをとっていたけれどもお子さんに恵まれなかったためお越しになられました。

月経も2日間しかなかったそうです。
月経周期が35日~40日とバラバラで、高温期が上がらず卵胞が育っていないようでした。

当初、ご本人は体外受精も考えているとおしゃっていました。
けれども、年齢も若いこともありしっかりとからだを治していくことによって自然妊娠できると私たちは思いました。

そこで体の悪い部分には鍼とパルスを施し、温灸でしっかり体を温める治療を施しました。
仕事場ではレッグウォーマーと足首まで巻けるひざ掛けをしてもらい、家でもレッグウォーマー、フットバスで下半身を温めてもらうようお願いしました。
また、ヘム鉄も飲んでもらいました。

そうすることで、無事自然妊娠されました。

お話を伺うと、この方はダイエットが原因で17歳から20歳の時生理が止まったことがあったそうです。
食べ物だけでのダイエットはからだを壊しますし、ホルモンにも大きな影響をおよぼします
ですので、赤ちゃんを望まれる方は、運動しながら体重を落とすようにしてください。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

メニエール病だった38歳の方が二人目のお子さんを妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている38歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます!

この患者様はお一人目のお子さんのときも、体外受精をしていて5回採卵し、移植6回しても妊娠には至らなかったため、ほほえみ鍼灸院にお越しくださいました。
体を診てみると、お腹が硬く張っていて、下半身の浮腫みもひどく、メニエール病を患っていて毎日めまいがあり右に首を回しにくいと言っていました。

鍼と温灸でメニエール病の治療を行いました。
また、日常生活でも仕事場では電気座布団とひざ掛けを足元までかけ、自宅でも足湯や半身浴を毎日続けていただき、体をしっかり温め、基礎体温を上げるよう努めてもらいました。

鍼灸治療と日常生活の改善である程度体つくりが出来た時点で、採卵してもらったところ、4個胚盤胞で凍結でき、1個目で妊娠されました。
そしてお一人目のお子さんを出産されました。

お子さんが大きくなったので、二人目を望まれお越しになられました。
出産後もしっかり体を温めるようにしてもらていたら、早めに妊娠されました。
メニエール病もしっかり治療していましたので、まったくめまいは起きていません。

めまいでお悩みの方もお越しくださいね。
めまいは2回~3回の鍼灸治療で治ります。

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

首こり、肩こりのひどかった31歳の方が自然妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている31歳の患者様が自然妊娠されました。
おめでとうございます!

この方は病院で診てもらいながら1年8ヵ月タイミングをとっていましたが妊娠することができず、以前に来ていた患者さんの紹介で来られました。

問診させていただくと、生理周期が23日~25日と短く、体温も低温期で35.8度、高温期で36.5度と低い状態でした。

また肩こりもひどく毎週、マッサージや整体に行っていたそうです
夜中の1時に寝て、7時30分に起きる生活でしたので睡眠時間も短く、ホルモンバランスが崩れていました。

忙しい仕事をされていましたので、仕方がないこともありますが、できる限り妊娠しやすい10時から11時までに寝るなど、生活習慣をできるだけ変えるよう努力もしていただきました。

足の浮腫みもひどかったので鍼をして浮腫みも取れるような治療を施しました。
また、ご自分でも下半身を温めるよう指導しました。
浮腫みは血流が悪く循環されていない状態、老廃物が体に溜まった状態です。

妊娠後も肩こり、首こりがあると血流が悪くなり、赤ちゃんに栄養や酸素が届きにくくなります。
妊娠後も肩こりや首こりの治療に通っている方も多くいらっしゃます。

ほほえみ鍼灸院ではさまざまな妊娠後のケアーも行っていますので、お気軽にご相談ください。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

サーフィンで冷えていた37歳の方が妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている37歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます!

この患者様は忙しい仕事されていて、休みが決まっていないうえ、仕事が終わる時間もまちまちでした。
1週間に1度不妊鍼灸治療に通うのに苦労されていましたが、時間を作って通われました。
またサーフィンを長くされていたため、筋肉が冷えてパンパンに張っていました。

タイミングを2年とっていたけれども妊娠はせず、卵管も片方詰まっていたため、体外受精を含めて検討されていました。
またFSHが63も上がっていました。

ここまで上がると体外受精をしても妊娠は難しいので、できる限り休みやすい環境を整えることも重要になります。
鍼が苦手ということで、温灸のみの治療で浮腫みや冷えを取りくことで、1度自然妊娠しました。
けれども仕事が忙しかったため流産してしまいました。
そこで仕事の内容を事務に変えてもらい、妊娠することに専念されました。

事務の仕事に変えてからは、冬には電気座布団をしてもらい、毎日少量のレバー、テニスボール指圧、足湯などをしていただくとともに、鍼灸治療でしっかり体つくりをしてきました。

この患者様は2年間通っていただいて、体外受精をして妊娠されました。
5日目の胚盤胞でHCG50弱出て、心拍確認し順調に育っています。

健康のためにプールで通っている方もいますが、妊娠するためにはサーフィンやプールなどは控えてましょう。
ウオーキング30分くらいにしてもらったほうが、妊娠しやすくなります。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

34歳から採卵を15回もしていた39歳の方が鍼灸治療によって妊娠

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている39歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます!

この方は34歳の頃から15回も採卵を繰り返していました。
そして3回移植をしたけれどもうまくいかず、紹介でほほえみ鍼灸院に不妊鍼灸治療にお越しになられました。

そして新しい病院に行って体の状態を診てもらうと、卵巣嚢腫があり子宮筋腫、子宮内膜症もあることが分かりました。
この方が通っておられた以前の病院のように、子宮内膜症や子宮筋腫を見つけ出すことが出来ない病院もありますので、しっかりとした先生のいる病院にかかってください。

子宮筋腫は手術をして除き、体づくりのためにしっかり時間をいただくようお伝えしました。
鍼灸治療で体の血行の悪い部分を取り、食べ物を見直し、寝る時間も早めにして、入浴法も変えるなど生活習慣も改めていただきました。
また、体重も少し増やしてもらいました。

そして、体に負担がかからない優しい方法で採卵してくれる病院で採卵し、Aランクの受精卵が採れ、移植しました。
HCGが28,2でしたがと、5週と4日めに胎嚢も見え、HCGが3270に増え、7週2日めで心拍確認できました。

忙しいお仕事をされている方ですが、HCGが低かったため、移植後も温灸治療に通っていただきました。
また仕事の量も減らしていただき、少し安静にしてもらいHCGを増やしていきました。
HCGが低めに出た場合は、温灸をして安静にすることがいいと思われます。
最近もHCGが8の方がいましたが、順調に育っています。
https://hohoemi-baby.net/case/2018/08/12/

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ

クロミッドとリファストンを服用してても妊娠しなかった38歳の方が妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている38歳の患者様が体外受精で妊娠されました。
おめでとうございます!

この患者様は結婚4年目。
病院に7ヵ月通いってクロミッドを5日間、リファストンを10日間服用しても妊娠されなかったので、ほほえみ鍼灸院にお越しになられました。

黄体機能不全、子宮腺筋症もあってロキソニンも飲んでいました。
また右卵巣に嚢腫もありし、AMHも1.3と低い状態でした。

初めて治療に来られた時には36歳で月経時の経血が減ったと感じていました。
夜勤のある忙しい仕事もされていたためタイミングがとりにくいこともあり、
時間をかけて体を治し、体外受精に挑みました。

はじめに低刺激の体外受精の病院で採卵しましたが新鮮胚はうまくいきませんでした。
その後も鍼灸治療を続け、時間をしばらくおいてまた病院で採卵し移植しました。
そしてEランクの胚盤胞を移植したところ、HCGが8でました。

大体移植から7日目でHCGの数値が50以上あればまず出産までもっていける数値と言われています。
よって8という数値を見て、病院でも「出産までいける確率は3%」と言われたそうです。

けれども心拍確認でき、赤ちゃんの大きさも10周期の標準の大きさまで育っています。
私たちも多くの患者さんを診ていますが、こんな症例は初めてだったので、とても感激しています。
「赤ちゃんは授かりもの」だと改めて感じました。

妊娠がわかってから、お仕事もお休みなさっています。
そして、子宮の入り口に血腫があるようなので、今も1週間に1度温灸治療に通っていただいています。

血腫は時々妊娠初期に起こりうる症例ですが、これまで温灸治療を続けて1度も破裂してダメになった方はいません。
温灸をして血行を良くしたら、体の中に吸収されていきますので問題はありません。

元気な赤ちゃんを出産をするまで、しっかりサポートさせていただきたいと思います。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ