結婚5年目、ひどい腰痛と生理痛のあった35歳の方が妊娠しました

今日もうれしいご報告です。
ほほえみ鍼灸院に治療に来られている35歳の患者様が体外受精で妊娠しました。
おめでとうございます!

この患者様は生理痛と腰痛がひどく、また体温も全体的に低い状態でした。
鍼灸治療する前は婦人科でプロラクチンが高く、薬を処方されていたそうです。
腰痛は仕事場で人を助けるために痛めたといわれていました。

生理痛がすごく強かったので、ピルを10年間飲んでいたおっしゃっていました。
また月経周期も28日~36日とバラバラで、排卵しているのかもわからない状態でした。
まず鍼と灸を使い血液循環の悪い部分を治し、体温を上げ月経周期を安定させました。
そして、腰痛治療も施しました。
痛むとつらい思いをするので腰痛はしっかりと治した方が賢明です。
鍼灸治療をやっていくうちに、腰痛や生理痛もなくなり体温も上昇し、おりものもわかるようになりました。

しばらくタイミングをとり、その後刺激の少ない体外受精の病院で採卵しました。
1度目は自然採卵で1個採れたのですが、途中で止まってしまい、2回目の採卵で4個採れ新鮮胚で1個戻し、あとの3個は胚盤胞で凍結しました。

内膜15ミリ、ランクA心拍確認できたとのご報告をいただきました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊の豆知識へ